祝・カンヌ国際映画祭・ある視点部門・審査員賞受賞!

2016年5月23日

淵に立つ160523

 青年団演出部所属の深田晃司が、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門において審査員賞を受賞しました。これまでの深田作品同様、今回の受賞作『淵に立つ』にも、古館寛治をはじめ、多くの劇団員が作品に出演・協力をしております。
 青年団・こまばアゴラ劇場は、これまで多くの岸田戯曲賞作家や、その他の演劇賞の受賞者を輩出して参りました。そして、ついに昨日、世界最高峰の映画祭での受賞に至りました。これも、皆さんの支援のたまものと感謝しております。
 劇場は才能を育てる場であり、そこへの支援が、日本の表現芸術の発展にもっとも寄与する筋道であると私たちは考えてきました。その主張が、いましっかりと花開きつつあると感じています。

 青年団本体は、いよいよ新作『ニッポン・サポート・センター』の稽古が佳境に入ってきました。台本もあと数頁で完成です。すでに売り止めの回もでていますので、お早めにご購入ください。

http://www.seinendan.org/play/2016/01/4914

 八年間、貧困や虐待やDVについて調べ続けて、その結果がこれかというくらい脱力系の作品になっています。

ニッポン・サポート・センター本チラシjpg

新刊『下り坂をそろそろと下る』、相変わらず売れ行き好調で4刷目の重版が決まりました。総計4万5千部だそうです。私の本がこんなに売れる時代が来るとは思っていませんでした。ありがとうございます。

http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8B%E3%82%8A%E5%9D%82%E3%82%92%E3%81%9D%E3%82%8D%E3%81%9D%E3%82%8D%E3%81%A8%E4%B8%8B%E3%82%8B-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%B9%B3%E7%94%B0-%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B6/dp/4062883635/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1463923600&sr=1-1&keywords=%E5%B9%B3%E7%94%B0%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B6

今週は、月曜日発売の週刊現代に内田樹先生との対談が掲載予定。26日木曜日の朝10時には、TBSラジオで、伊集院光さんの番組に出演します。

劇作家協会の戯曲セミナーが水曜日から始まります。まだ、若干の空きがあるようです。

http://www.jpwa.org/main/activity/seminar

 日記の続き
4月22日(金) 朝7時25分の飛行機で高松へ。四国学院大学で2,3限授業。昼は当然うどん。新神戸に移動してホテルでひたすら執筆。

4月23日(土) 午前中の便で伊丹空港から新潟空港へ。空港から車でりゅーとぴあへ。noismの基礎練習を見学。昼食後、私が書き下ろした新作『ラ・バヤデール -幻の国-』の通し稽古を観る。すでにほとんどの振り付けが、一応完成していた。何か素晴らしい作品になる予感がした。
16時から講演会と、金森譲さんとの対談。会場の雰囲気がとても良く、いい会になりました。会の様子はこんな感じ。

http://noism.jp/20160506_ryutokai15repo/

 金森さんには、『ニッポン・サポート・センター』のアフタートークにもおいでいただきます。
『カガクするココロ』『北限の猿』の打上げ用のお酒を買って、新幹線で帰京。

4月24日(日) 朝9時から2時間制作ミーティング。そのあと11時からスタッフミーティング。13時半、ラジオ打ち合わせ。17時過ぎ、青山ブックセンターへ。18時から青山ブックセンターでトークとサイン会。アゴラに戻って『北限の猿』の終演を見届け帰宅。23時から、簡単に打ち上げ。

4月25日(月) 午前中のJRで福島県の広野へ。14時45分ふたば未来学園到着。打ち合わせ数件。16時から18時、教員対象のワークショップ。18時39分広野発。22時半、アゴラに戻って二本立て公演の総打ち上げ。1時前に帰宅。

4月26日(火) 10時から富士見市関連の打ち合わせ。11時半、北海道新聞取材。13時半、テレビ打ち合わせ。18時半から22時まで、慶應丸の内でワークショップ。23時帰宅。新作原稿、遅々として進まず。

4月27日(水) この日は朝6時に家を出て、再び福島県いわき市へ。この日は乗り継ぎ便の都合で、いわきから車でふたば未来学園へ。3,4限と、5,6限を使って一年生対象の演劇ワークショップ。終了後、月曜日のワークショップに続いて教員対象のレクチャー。月曜日と同じ最終便で帰京。

4月28日(木) 午前中、ずっと執筆。14時半面接一件。15時半取材一件。18時、面接一件。19時半から、アゴラ劇場にてWケンジ企画観劇、アフタートーク。初日乾杯にも参加。帰宅して執筆。

4月29日(金) 朝9時から12時まで、来年度上演する『さよならだけが人生か』の座内オーディション。13時から取材一件。車でフジテレビへ。新週刊テレビ批評収録。内容はこんな感じです。

http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/information/ser3202/3202110033/

帰宅して執筆。面接一件。

4月30日(土) この日も朝9時から12時までオーディション。12時半に駒場を出て静岡へ。静岡芸術劇場で『三代目リチャード』を観劇。静岡駅で食事をして帰京。この日も、ひたすら執筆。
     

「JAM THE WORLD」「クローズアップ現代」出演

2016年5月15日

たいへん分かりやすいのですが、このブログが停滞するのは、他の大きな原稿が滞っているときです。いまは、新作『ニッポン・サポート・センター』の最後の詰めの段階にきています。
おかげさまでチケットの売れ行きは好調で、すでに売り止めの回も出ています。
 お早めにお買い求めください。
 なお、売り止めの回でも、こまばアゴラ劇場支援会員への販売は行っております。この機会に、ぜひ、支援会員の入会もご検討ください。

http://www.seinendan.org/play/2016/01/4914

ロゴ-1jpg

 アフタートークのゲストが決定しました。

6月23日(木)19:30の回 高橋源一郎さん
6月27日(月)19:30の回 金森穣さん

おそらく、この回も売り切れ必至になります。お早めにご購入ください。

『ソウル市民』が、悪い軍人も政治家も出さずに植民地支配の構造について解き明かしたように、貧困やDVや虐待を遠景において、淡々と続いていく日常を精緻に描く作業を稽古場では繰り返しています。まだ、行き着く先は見えていませんが。

明日(16日)は、21時くらいからJ-WAVE、津田大介さんの「JAM THE WORLD」に出演します。
さらに22時からは、NHKのクローズアップ現代に出演します。

http://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/

先週、出演しましたフジテレビの『新・週刊テレビ批評』は、以下からご覧いただけます。

http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/information/ser3202/3202110033/

おかげさまで新刊『下り坂をそろそろと下る』は、さらに重版が決定しました。出来日は5月20日だそうです。今度こそ、全国の書店に行き届くと思います。ぜひ、ご喧伝ください。

 青年団演出部の深田晃司が監督した『淵に立つ』が、カンヌ映画祭で公開されました。賞の発表は21日とのことです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160515/k10010521711000.html

いくつか募集のご案内です。

こまばアゴラ劇場の来年度のラインナップを公募しています。

http://www.komaba-agora.com/2016/05/4130

 兵庫県豊岡市の城崎国際アートセンターも、来年度のレジデンスアーティストを公募しています。

http://kiac.jp/jp/post/2918

来週から始まる日本劇作家協会の戯曲セミナー、まだ少し空きがあるようです。私もがっつり教えます。

http://www.jpwa.org/main/activity/seminar

 今回は日記はお休みです。

富士見市+奈義町+豊岡市

2016年4月30日

 明日、5月1日(日)に富士見市で行われるPR大使の委嘱式の入場方法が発表になりました。
 こちら、富士見市在住、在勤、在学の方のみとなります。免許証、保険証、生徒手帳などの提示が求められるそうです。

https://www.city.fujimi.saitama.jp/40shisei/19chikatu/prtaishi-isyokushiki-jyoeikai.html

有安さんの他、ロンドンオリンピック金メダリストの小原日登美さんなどもご登壇されます。お近くの方、どうぞ、おいでください。

下記の日記にもあるとおり、岡山県奈義町の「教育・文化のまちづくり監」に就任しました。奈義町は、平成26年に特殊出生率2.81という驚異の数字を記録した子育てと教育の町であると同時に、磯崎新さん建築の現代美術館や農村歌舞伎を有するアートの町でもあります。今後は、教育政策と文化政策を連動させた、新たなまちづくりに取り組みます。

http://www.town.nagi.okayama.jp/gyousei/news/chousei/machidukurikannn.html

新刊『下り坂をそろそろと下る』、おかげさまで好評です。

新刊の写真2

この新刊には、2020年度から始まる新制度入試や、その前倒し実施の内容が記されています。この新制度入試では「協働性」が問われることとなり、演劇的な要素も取り入れられることが予想されます。しかしながら、この点に関して演劇界はもとより、演劇教育の世界でも反応は薄いと言わざるを得ません。
 是非、関心のある方に手にとっていただければと思います。

SEALDsのドキュメンタリー映画にコメントを寄せました。他にコメントを寄せているのが宮沢章夫さんだけで、「なんで演劇人だけ二人?」という感じですが。

http://www.about-my-liberty.com/

その宮沢さんのラジオ番組「すっぴん」に出演します。

http://www.nhk.or.jp/suppin/

そして、いま、アゴラで上演中の山内ケンジさん『ザ・レジスタンス 抵抗』には、SEALDsの話が少しだけ、でも重要な役割として出てきます。

http://www.komaba-agora.com/

 こまばアゴラ劇場では、年間支援会員を募集しています。是非、入会をご検討ください。
新作『ニッポン・サポート・センター』は、吉祥寺シアターでの上演ですが、支援会員対象演目です。

http://www.seinendan.org/play/2016/01/4914

日記の続き
4月16日(土) ホテルで朝食後、モノレールと地下鉄を乗り継いで中之島の阪大キャンパスへ。10時半から17時半までワークショップデザイナー養成講座。神戸に出て打ち合わせ一件。神戸泊。

4月17日(日) 午前中、阪大で仕事。大阪谷六の隆祥館書店でトークとサイン会。満席、立ち見も出る盛況。ありがとうございました。地下鉄とモノレールで伊丹空港に出て、そこからコウノ
トリ但馬空港へ。車で豊岡市内へ。ホテルにチェックインしたあと、城崎国際アートセンターのメンバーや漫画家のひうらさとるさんと食事。今日から城崎にはタニノクロウさんが入っているので岸田戯曲賞の話から各種漫画賞の話など。途中から中貝市長が合流。豊岡市の熊本地震に対する支援などの話も伺う。

4月18日(月) 午前中、教育委員会、生涯教育と打ち合わせ会議。昼食挟んでさらに植村直己冒険館について打ち合わせ。文化振興連絡会2時間。ちょっとだけ自分の仕事の時間を挟んで車で出石へ。出石の振興局で2時間ほどのレクチャーと質疑応答。車で豊岡に戻る。

4月19日(火) 朝の飛行機で伊丹へ。そこから阪大に出勤。打ち合わせ一件。また空港に戻って東京へ。羽田で少し仕事をしてから丸の内へ。慶應丸の内キャンパスのワークショップ3時間。

4月20日(水) 朝7時台の便で岡山へ。駅近くのホテルで、奈義町の方たちと打ち合わせ。笠木義孝町長から「教育・文化のまちづくり監」の任命を受ける。JRで高松へ。高松北高校の先生と合流。有名な山田屋(私は初めて入りました)で昼食。2時半から高松北高校講演会。中高一貫校なので中学生まで千人近い生徒さんでしたが、よく聞いてくれました。そのあと保護者対象の懇談会。やはり大学入試改革については、皆さん関心が高い。
車で高松に送っていただき、再び神戸へ。ホテルで、とにかく執筆。

4月21日(木) 早朝の新幹線で京都へ。京大で科研費に関する打ち合わせ一件。そのまま駅に戻って新幹線で帰京。上野に出て東京藝大に出勤。ミーティング一件のあと、3時間の授業。さらに学生が増えている。アゴラに戻って『カガクするココロ』の終演後、面接一件。

『ニッポン・サポート・センター』前売り開始

2016年4月28日

『カガクするココロ』『北限の猿』は好評のうちに幕を閉じました。売り切れの回が続出し、チケットを購入できなかったお客様にはお詫び申し上げます。

続いて、新作『ニッポン・サポート・センター』のチケット発売を開始しました。こちらも好評で、もう少しすると売り止めの回が出てくるかと思います。ご予定が決まり次第、お買い求めいただければ幸いです。

http://www.seinendan.org/play/2016/01/4914

 今回、初めて、キャストの顔が入ったチラシ・ポスターを作成しました。このチラシの絵柄通り、今まで以上に、間の抜けた作品になっています。ご期待ください。

ニッポン・サポート・センター本チラシjpg

新刊『下り坂をそろそろと下る』は、大変な好評をいただいております。書店に置いていないという声がよく届きますが、重版が出来て、明日くらいから各地の書店に届くかと思います。よろしく、ご喧伝ください。

sidebanner2_160410

日記の続き

4月11日(月) 朝9時から、アゴラを使ってもらう若手劇団のインタビュー。そのあとは、ひたすら仕事、執筆。午後から近所を散歩と買い物。夜、『カガクするココロ』無事終了。また執筆。

4月12日(火) 7時半に藝大に出勤。9時から11時まで会議。昼食をとって水天宮へ。水天宮ピットに入るとkakuta が稽古をしていたので顔を出してみる。
noismの新作「ラ・バヤデール 幻の国」記者会見。そのあと金森さんと一緒にインタビュー二件。アゴラに戻って、文芸誌のインタビュー一件。あの佐村河内さんのスクープをした神山典士さんがインタビュアーだった。『北限の猿』終演後、面接一件。

4月13日(水) 午前中は執筆。FM東京で収録一件。そのあと丸の内に出て、慶應丸の内キャンパスでワークショップと懇親会。帰宅して妻の誕生日を祝う。

4月14日(木) 12時半に面談一件。13時から利賀演劇人コンクールの書類審査。東京藝大に出て、打ち合わせ一件。タクシーで東大へ。18時45分から100分間、大学院生向けの講義。そのあと22時まで質疑応答。熊本で地震発生。

4月15日(金) 朝7時台の飛行機で高松へ。10時会議。11時10分から12時40分までアートマネジメントの授業。ノトススタジオで稽古している江本純子さんが聴講に来て、そのままうどんを食べに行く。13時半から一年生向けの授業。今年は車いすの学生も一人。ノトススタジオで稽古中のオン・ケンセンさんと久しぶりの再会。30分ほど話す。四国学院大学には、この金曜日から土曜日にかけて、私とオンケンセン、江本純子、岩井秀人、岡田利規が、全員別々のミッションで揃った。

ノトス160414

15時50分の特急で岡山へ。新幹線で新大阪へ。地下鉄とモノレールで万博記念公園へ。阪大看護学科の新入生オリエンテーションで、ナースの卵たち100人に2時間のワークショップ。今年もどうにか乗り切りました。ホテルの部屋で深夜まで執筆。

『下り坂をそろそろと下る』重版出来!

2016年4月19日

 熊本は余震がまだ続いているようで心配ですね。うちの劇団の熊本関係者は、実家もみな無事だったようです。
 先月、高校生演劇コンクールで伺ったばかりなので、なかなか実感がわきません。出場した高校生たちが無事であることを祈ります。
 熊本へ愛を込めて、もう一度この写真を。

くまもん160410

 おかげさまで、『カガクするココロ』の追加公演が決まりました。

4月23日(土) 12時です。

http://www.seinendan.org/play/2016/01/4934

 二本立てですが、どちらから観ても充分に楽しめます。
売り切れの日が多くなっていますので追加公演をご覧ください。
 よろしくお願いいたします。

 さらにさらに、おかげさまで、新刊『下り坂をそろそろと下る』が予想以上に好調です。
 なんと、発売即重版が決まりました。地方の方から書店にないという声が届きますが、少しずつ解消されるかと思います。
おそらく、皆さんがなんとなく思っていたことを、言葉にできたのだと思います。ご一読ください。

sidebanner2_160410

『カガクするココロ』『北限の猿』のロビーでは、他の、amazonで売り切れとなっている書籍も発売しています。

日記の続き
4月4日(月) 午前中、病院で検診。特に問題なし。午後、アゴラ劇場へ。仕込み真っ最中。私は信用金庫に持っていく会計書類の整理。午後7時にミーティングをしてから帰宅。

4月5日(火) 朝から地元の信用金庫で融資借り換えの相談。午後から『北限の猿』場当たり。夜10時まで。

4月6日(水) この日は朝から、『カガクするココロ』の稽古を延々と。夜はゲネプロ。

4月7日(木) 午前中『カガクするココロ』の返しの稽古。午後東京藝大に出勤。

上野桜160419

ミーティング一件のあと、今学期最初の授業。ちょっと驚くほど学生が来て教室があふれる。やる気があっていい学生さんたちでした。急いで劇場に戻って『カガクするココロ』の初日を迎える。まずまずいい初日でした。初日乾杯後、帰宅。

4月8日(金) 朝から『北限の猿』の稽古の続き。そしてゲネプロ。4時半から信用金庫さんと二度目の打ち合わせ。そして『北限の猿』の初日。こちらも初日乾杯をして帰宅。

4月9日(土) 10時から制作部ミーティング。12時から『カガクするココロ』の稽古を少し。15時『カガクするココロ』18時『北限の猿』、初の二本立て上演。上演のあいまに面談二件。さぁ新作の執筆の追い込み。

4月10日(日) 昼のミーティングに出てから池袋でコミュニティカレッジ、3時間のワークショップ。デパ地下で、妻に頼まれた総菜を買って帰宅。深夜まで執筆。

webbanner-160407