新書大賞第四位

2017年2月11日

『台北ノート』の稽古をすべて終え、これから帰国するところです。

台湾記念写真170211

すでに情報公開となっていますが、拙著『下り坂をそろそろと下る』が、新書大賞第四位に選出されました。前著『わかりあえないことから』に続いてのベスト5入りです。一年に1300冊以上出版される新書の中で、二冊続けて上位にランクしていただいたことを、何より読者の皆さんに感謝したいと思います。ありがとうございました。

https://www.chuko.co.jp/special/shinsho_award/

舞台版『幕が上がる』のDVDは3月28日(火)発売とのことです。

http://stage.parco-enta.com/fs/parcostage/c/makuga_agaru

舞台版『幕が上がる』は、映画の続編的な性格が強いので、原作小説-映画-舞台版とご覧になることをお勧めします。

実は、同じ3月下旬、3月20日(月)に、オペラ『海、静かな海』のDVDも発売になります。

http://www.hmv.co.jp/news/article/1701180002/

 偶然にも、両作品は共に、別冊文藝の平田オリザ特集に掲載されています。こちらもぜひ、ご覧ください。

『台北ノート』横浜美術館公演は、ほぼ完売のようです。美術館の特設客席なので席数が限られており、当日券も出るかどうか難しい状況です。

https://www.tpam.or.jp/2017/?program=taipei-notes

その次は、アンドロイド演劇『さようなら』坂出公演です。こちらは入場無料です!
私の講演会もあります。お近くの皆さん、おいでください。

http://www.seinendan.org/play/2016/10/5785

日記の続き

11月15日(火) 朝食後、全員ロビーに集合し、タクシーに分乗して、もう一つの公演地セルジポントワーズへ。パリ市西側郊外を反時計回りに回っていくことになる。
雨の中、ホテルに到着。スーツケースを下ろす。そのまま、さらに車で劇場へ。思いの外早く着いてしまったので、劇場の人が誰もおらず30分ほど楽屋口で待機。
やっと劇場スタッフが来て、みんなで中に入る。楽屋で仕事。みんなでサンドイッチの昼食。腹ごなしに、近所を散歩し少し離れた大きなショッピングモールなどを探索する。
夕方、仕込みは続いているが解散となった俳優たちとバスと徒歩でホテルに戻る。相変わらず冷たい雨が降っている。5時頃にホテルについていったん解散。6時過ぎにフロントに集まってどこか近所に食べに行くことにする。
部屋に入って荷物をほどきながらメールをチェックすると母の訃報が届いていた。ちょうど、数分前に息を引き取ったらしい。  
しばし、どうするかを考え、考えていても仕方がないので、まず情報収集をする。スタッフにもお願いして、今夜から明日にかけての飛行機便の空席状況を確認する。その間に、並行して部屋に広げた荷物をスーツケースに戻す。
エールフランスの深夜便に空きがあることが分かったので、とりあえず空港まで行ってみることにする。フロントでタクシーを呼んでもらっているうちに夕食の約束をしていた劇団員たちが集まってきて、結局、彼らに見送られることになった。
40分ほどでシャルルドゴール空港へ。JALのカウンターに行くとJAL便にも空きがあるとのこと。こちらの方が、若干早く日本に着くのでこれに乗って帰国することに。パリには戻らないことにして片道切符で帰国。後のことは機内で考える。

11月16日(水) 午後5時成田空港着。成田エクスプレスで渋谷へ。7時前に帰宅。劇団員の弔問が続く。母はとりわけ女子の劇団員に人気があった。
久しぶりに湯量を気にせず風呂に入って、この日はゆっくり眠る。

11月17日(木) 午前中も弔問客が続く。午後、姉たちと車で火葬場へ。大林宣彦監督ご夫妻が駆けつけてくださって、最後のお見送り。家に帰って、姉と妻とで遺品の整理の方針など話す。
昨晩はうまく寝つけたのだが、この日は時差ボケが来て眠れず、明け方まで溜まった仕事を片付ける。
この世でもっとも尊敬し、私が唯一、無条件で言うことを聞かなければならない存在がいなくなってしまった。これからは、よほど謙虚に生きなければならない。
 

ふたば未来学園演劇部東京公演・当日券情報

2017年2月04日

 先にお知らせしたふたば未来学園高校演劇部の東京公演ですが、一般向けの受付は早々と売り止めとなりましたが、当日券が若干出るようです。特に5日11時の追加公演が比較的空いているようです。ご利用ください。

http://www.komaba-agora.com/play/5303

 演劇部員たちは、今日(3日)の午後に、無事、東京に到着したようです。

奈義町にももクロが来た

2017年1月30日

奈義町の上映会とアフタートーク、本当に素晴らしいイベントになりました。関係する皆さん、ありがとうございました。特に、休日出勤で頑張ってくださった奈義町職員の皆さん、ご苦労様でした。
 今回のイベントは、外から見れば、町おこし、町のアピールのように思えるかもしれませんが、あくまで町民主体の催しでした。もし、町のアピールが主眼なら、もっと町外の方の枠をとったかと思います。
 この企画の一番のキーワードは、「本物に触れる」ということでした。
 奈義町の教育、文化政策の大きな柱は、インターネットの時代だからこそ、子どもたちに常に本物に触れさせること。子どものうちから本物に触れ続けることによって、自己決定能力を養い、自分の生き方を自分で決定したり進路変更したり出来る子どもを育てるのが、奈義町の教育の目標の一つです。
奈義町なら、芸術でも、教育でも、アイドルでも、一流の本物に出会うことができる。今回のももクロさんの来町は、その大きな一歩になりました。午後には、子どもたちとの交流の時間をたっぷりと作ることができました。一生の思い出になる体験になったと思います。

全国ツアーがあるので時間がかかると思いますが、奈義町でのライブの実現に向けて、全力で頑張ります。

写真や、細かいエピソードも、いくつかあるのですが、それは明日以降に、少しずつ書いていきます。取り急ぎ、お礼まで。
下の写真は、全日程終了後、川上さんが撮ってくれたものです。よく見ると、高城さんのブログの写真とは微妙に違うことが分かると思います。

http://ameblo.jp/takagi-sd/entry-12242413561.html

ももクロと170128

本業の方は、『台北ノート』が台湾の旧正月で稽古は休み。一時帰国中です。

https://www.tpam.or.jp/2017/?program=taipei-notes

その次は、アンドロイド演劇『さようなら』坂出公演です。こちらは入場無料です!
私の講演会もあります。お近くの皆さん、おいでください。

http://www.seinendan.org/play/2017/01/5925

日記の続き

11月12日(土) 午後から『ソウル市民1919』の稽古。一通り全シーンをあたる。夜、『ソウル市民1919』初日。こちらも、大絶賛の舞台になった。終演後、ル・モンドのインタビュー。

11月13日(日) この日は『ソウル市民1919』マチネ公演。12時集合。14時に、知り合いの俳優と打ち合わせ一件。15時開演。この日は、ミッテラン政権時代の文化大臣ジャック・ラング氏が観劇。終演後、熱く抱擁され、30分ぐらい、ものすごい勢いで感想を語ってくれた。植民地支配について、ファシズムについて、いまのヨーロッパ情勢について、そして、こんな時代だからこそ、このような作品が大切だということについて。こういう文化大臣が日本に誕生するのに、あと何年かかるだろう(というか日本には文化大臣がいないのだけど)。
この日は、夕食は有志でイタリアン。パリで安くて美味しいイタリアンは珍しいのだけど、以前、劇団員が発見したモンマルトルのお店へ。たらふく食べる。

11月14日(月) この日は終日、仕事や荷物の整理。17時半集合。19時、打ち合わせ一件。20時半『ソウル市民1919』ジュヌビリエでの千秋楽。22時半に終演。多くの関係者から、このあとの続編も観たいと言われる。ステージの裏で、劇場スタッフも交えて簡単な乾杯。私は先にホテルに帰る。『ソウル市民』『ソウル市民1919』とも、素晴らしい上演になった。

『ソウル市民1919』パリ161101

『愛のおわり』ありがとうございました

2017年1月25日

一昨日は『台北ノート』の初めての通し稽古でした.これから台湾は旧正月の長期休暇に入りますので、早めに創っています。

https://www.tpam.or.jp/2017/?program=taipei-notes

『愛のおわり』善通寺公演、たくさんのご来場ありがとうございました。
来月は、同じ香川県でアンドロイド演劇『さようなら』を上演します。入場無料です!
私の講演会もあります。お近くの皆さん、おいでください。

http://www.seinendan.org/play/2016/10/5785

 奈義町の『幕が上がる』上映会、情報公開されました。たくさんの申し込みをいただいているようです。
 現代美術館や近隣の温泉もありますので、観光がてらおいでいただけると幸いです。

http://www.town.nagi.okayama.jp/gyousei/news/event/makugaagaru_dai2jimoushikomi.html

日記の続き

11月9日(水) 終日、仕事。オペラ台本完成。『ソウル市民』二日目。この日も大盛況だった。

ジュヌビリエロビー161106

11月10日(木) 朝9時からパリ市内で打ち合わせ。11時から、細川俊夫さんと待ち合わせてオペラの打ち合わせ。台本の主旨を翻訳してもらいプロデューサーたちと打ち合わせ。
来年度は、オペラでフェスティバルドートンヌに参加する。
近くのレストランで昼食。いったんホテルに戻ってから、夕方、劇場へ。『ソウル市民』楽日。

11月11日(金) この日は祝日で休み。珍しく朝から観光。まずピカソ美術館へ。開館直後に着いたので、比較的すいていた。長い改装工事のあと、久しぶりにこの美術館に来た。思ったほど中身は変わっていなかった。

ピカソ美術館161108

女子たちはマレ地区で買い物。みんなでガレットを食べる。

クレープ161109

ポンピドーセンターからノートルダム大聖堂を経てリュクサンブール公園へと延々と歩く。
オデオン劇場を外から見て、近くのカフェで休憩。セーヌに戻ってポンヌフへ。

ポンヌフ161109

メトロでオペラの近くまで行って、他のメンバーとも合流して肉をたらふく食べる。

オペラ座161109

オペラ座でバレエを見るメンバーと別れて、オペラ通りを下り、コメディフランセーズのミュージアムショップを見て、メトロでホテルに戻る。
今日は二万歩も歩いた。

『愛のおわり』千秋楽

2017年1月21日

『愛のおわり』は、いよいよ本日13時が千秋楽です。しばらく、上演の予定がありませんので、ぜひ、この機会においでください。

http://www.seinendan.org/play/2016/10/5785

香川県には来月も来ます。『さようなら』の坂出公演です。入場無料です!
私の講演会もあります。お近くの皆さん、おいでください。

http://www.seinendan.org/play/2016/10/5785

 奈義町の『幕が上がる』上映会は、来週早々に、予約についての情報公開です。現代美術館や近隣の温泉もありますので、観光がてらおいでいただけると幸いです。

http://tikinavi.jp/?act=info_detail&info_id=79560

私は明日、また台湾に戻ります。『台北ノート』横浜公演、台湾の有名な俳優さんたちが多数出演します。

https://www.tpam.or.jp/2017/?program=taipei-notes

日記の続き

11月3日(木) 朝8時からアゴラで取材と撮影一件。9時から制作部ミーティング。10時前に駒場を出て新幹線で京都へ。荷物預かり所に荷物を預けて京都芸術センターへ。次回の東アジア文化都市開催地である京都で、引き継ぎのシンポジウム。建畠晢さんや北川フラムさんと。14時半の終了後、すぐに失礼して打ち合わせ一件。荷物を受け出して16時の特急はるかで関空へ。17時25分関空着。19時15分の便で香港へ。香港で1時間トランジットで待ってパリへ。

11月4日(金) 朝6時20分(現地時間)パリ着。後発組で別便の劇団員と落ち合ってタクシーでジュヌビリエへ。ホテルで仮眠。10時に劇場へ。
この間、青年団本隊は、10月31日の『ソウル市民1919』ソウル公演千秋楽を終え、11月1日はコリペ版の『ソウル市民1919』を観劇。2日にフランスに移動。3日は休養と若干の劇場作業(舞台装置の建て込みは劇場スタッフと日本からの先発隊が行った)という日程だった。
『ソウル市民』『ソウル市民1919』の舞台稽古開始。途中、来年、『思い出せない夢のいくつか』を上演するベルギーの若手劇団と打ち合わせ。
16時半に稽古を終えて地下鉄で日本文化会館へ。18時半から20時半まで講演会。ほぼ満席でした。終了後、文化会館の方たちと会食。

11月5日(土) 朝8時半の省線(RER)と地下鉄で、再び日本文化会館へ。フランス国内の日本語教師会対象のワークショップ。とても盛り上がる。地下鉄で劇場に戻って夜まで稽古。母の様態が、ちょっと悪いと連絡が来る。

11月6日(日) この日は劇場が使えないので完全休日。私はさすがに体力の限界で、ぐっすり眠る。午後、溜まっていた仕事を片付ける。夕方、終日、観光をした劇団員たちが中華街で餃子を食べるというのでそこに合流。フランス在住の劇団員とも邂逅。よい休日でした。

11月7日(月) 午後『ソウル市民1919』ゲネプロ、夜『ソウル市民』ゲネプロ。朝食はホテルで、昼食はパンを買って、夕食は近所のケバブ(クスクスの上にケバブをのせたもの。劇団内では「ケバブ丼」と呼ばれている)。

11月8日(火) 午後から『ソウル市民』の稽古。途中、私の54歳の誕生日を祝うサプライズが用意されていたのだが、いろいろと失敗してグダグダになり、最後は私からだめ出しを受けるというへなちょこな結果に。
この日、たくさんの方からメッセージをいただきました。ありがとうございました。
夜、いよいよ『ソウル市民』初日。ものすごい反応だった。三回目のカーテンコールで私も舞台へ。
終演後、ロビーでレセプション。口々に絶賛の声。
26歳で書いた戯曲が、ここまでたくさんの人に観てもらえるようになったのは劇団員のおかげです。サプライズは失敗しましたが、最高の誕生日になりました。

『ソウル市民』161104