高城さんと有安さんが奈義町に来る

2017年1月19日

岡山県奈義町での『幕が上がる』の上映会ですが、土曜日の午前中の回に高城れにさんと有安杏果さんが駆けつけてくれることになりました。
正式情報解禁前ですが、事務所のご許可をいただいたので、こちらで流します。
あくまで町民主体の行事ですので、奈義町の方の優先予約期間があり、そのあと一般の皆さんの予約を受け付ける形になるとのことです。
 奈義町からの発表をお待ちください。
岡山、鳥取など近辺のモノノフの皆さん、くれぐれも発表前に町役場に問い合わせることなどせずに、スケジュール表に予定だけ入れておいてください。

http://tikinavi.jp/?act=info_detail&info_id=79560

『愛のおわり』善通寺公演は、いよいよ今日(19日)から本番です。三回のみの上演です。ぜひ、おいでください。

http://www.seinendan.org/play/2016/10/5785

『台北ノート』も上演まで一ヶ月を切り、そろそろ一般の予約が売り止めになりそうです。お早めにご予約ください。

https://www.tpam.or.jp/2017/?program=taipei-notes

日記の続き

10月28日(金) 『ソウル市民』残りの場当たりとゲネプロ。昨日は仮設のトイレが運び込まれ、今日はカフェがオープンしていた。
 いよいよ20時、『ソウル市民』韓国公演初日なのだが、私は17時過ぎに地下鉄で金浦空港へ。20時の便で金浦から羽田へ。23時過ぎ帰宅。
この日から劇団初の海外二都市同時上演。しかも、どちらも二本立てなので、合計四本の作品が同時に海外で上演されていることになる。

『ソウル市民1919』161028

10月29日(土) 8時に家を出て、代々木の青少年センターへ。アジア・オセアニア・キャンプ大会で基調講演。終了後、講演を聴かれていた秋篠宮妃殿下と懇談。評議員とPTAという感じでICUの話などする。タクシーで三宿の病院へ。今日は母の体調もよく、少し話をする。羽田空港へ。15時40分の飛行機で金浦へ。18時金浦着。渋滞に巻き込まれ『ソウル市民1919』の初日には間に合わず。途中、日本大使館の前に警察が集まっていたので、また何かあったのかと思ったら、光化門周辺のデモが巨大化して、その周辺にまで警備が及んでいるとのこと。劇場について、楽屋でモニターを聞く。観客はずいぶん笑っている。
 植民地支配の問題をソウルで上演するのはやはり緊張する。しかし、この体験は、劇団と作品を確実に、より強固なものにする。
終演後、大学路の焼き肉屋さんで、コリペの方たちも混ざって初日乾杯。

10月30日(日) 11時に、『隣にいても一人』を演出したイ・ヨンウンさんと劇場でお茶。やはり、話題はブラックリスト問題。いまは、どちらかというとリストに入ってない方が恥ずかしい状態になってきた。名前が入っていないアーティストから、「自分が入っていないのは何かの間違いだ」「オレも入れてくれ」といった声が、なかば冗談のように出ているらしい。イ・ヨンウンさんが所属する劇団青羽の主宰キム・ガンポさんは、いまは公共ホールの芸術監督をしているので、微妙な立場のようだ。
15時、『ソウル市民』開演。終演後、すぐにソウル駅から大田へ。大田で『働く私』『さようなら』の最後のアフタートーク。観客は少し増えたけど、200名の劇場で40名程度。ここで10回公演をしたので俳優には辛い上演となった。少ない観客だったけどアフタートークはとても盛り上がった。
21時半のKTXでソウルに戻る。結局、この一週間に八回、KTXに乗った。
23時過ぎにホテルに戻って荷造り。『ソウル市民1919』の公演があと1ステージ残っているが私の韓国シリーズは終了。

青年団も朴槿恵政権から弾圧を受けていた(?)

2017年1月18日

『愛のおわり』善通寺公演のために、再度、一時帰国しました。

_MG_0173

明日(19日)から本番です。三回のみの上演になりますので、ぜひ、おいでください。

http://www.seinendan.org/play/2016/10/5785

『台北ノート』も上演まで一ヶ月を切り、そろそろ一般の予約が売り止めになりそうです。お早めにご予約ください。

https://www.tpam.or.jp/2017/?program=taipei-notes

 韓国文化人のブラックリスト問題が取りざたされていますが、驚いたことに、青年団もその影響で助成金が取れなかったことが分かりました。そして、もっと驚いたことに、それが、韓国のテレビで、舞台写真入りで報道されました。対象となったのは、一昨年の『冒険王』『新・冒険王』の公演です。
 要約すると、内容はとても優秀で落とせないと事務方が審査の書類をあげても、青瓦台が、支援は「絶対にダメ」としたそうです。二次募集の際も、同じ評価であったにもかかわらず、やはり、「絶対ダメ」だったようです。

http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1003996393&plink=TOPHEAD&cooper=SBSNEWSMAIN

え、なんでうちが? という感じですが、パートナーのソン・ギウン氏もブラックリストに載っていたようです。まぁ、そんなんなら貰わない方が誇りに思うよという感じもありますが、でも実際、私たちは、支援が受けられず、とても困ったのでした。
韓国の文化人ブラックリストの話は、下の日記にも出てきます。日本がこのようにならないことを強く願います。

【青年団】『新・冒険王』

日記の続き

10月24日(月) 5時半のタクシーで金浦空港へ。8時の便で羽田へ。10時過ぎに羽田着。ラウンジで原稿書き。そのあと13時の便で小松空港へ。14時、小松空港から車で富山福祉短期大学へ。学園創立50周年を記念した浦山理事長との対談収録のあと、教職員対象の講演会。富山市内泊。

10月25日(火) バスで富山空港へ。7時の便で羽田へ。羽田でレンタカーを借りて、まず自宅に戻る。母を乗せて病院へ。この日から母が入院。
そのまま大学に出勤して会議。連携企業との打ち合わせ数件。さらにアゴラと自宅に戻って荷物を積んで、もう一度病院へ。母の様子を見てから羽田空港へ。車を返しての19時50分の便でソウルへ。ホテルに着いたのは23時過ぎ。この日からソウル泊。

10月26日(水) 朝から『ソウル市民1919』の場当たり。17時に劇場を出てソウル駅へ。KTXで大田へ。劇場に顔を出して、19時半からのフェスティバルのシンポジウムに出席。終了後、KTXでソウルに戻る。

KTX161023

10月27日(木) 朝から『ソウル市民』の場当たり。夕方から劇場オープンのためのセレモニー。

儀式161027

 そして、報道や関係者を集めた劇場のお披露目。『ソウル市民1919』の前半を青年団が演じ、後半を演戯団コリペが上演。今回の公演も、青年団の公演が全日程終わったあとにコリペが同じ劇場で『ソウル市民1919』を上演することになっている。

『ソウル市民1919』161027

コリベ161028

韓国では、政府に反対する文化人、芸能人のブラックリスト問題が大きな話題になっている。その中でも、この新しい劇場のオーナーでもあるイ・ユンテク氏と、私の戯曲『眠れない夜なんてない』を演出して数々の演劇賞を受賞したパク・クニョン氏は、その筆頭として常に名前が挙がっている。韓国を代表する演劇人である二人が、パク・クネ政権になってから助成金が出なくなってしまったからだ。
この日の記者会見でも、その点は大いに話題になった。
 『その河をこえて、五月』の作家キム・ミョンファさん、演出のイ・ビョンフンさんも会場に来ていた。イ・ユンテクさんの友人として紹介されたイ・ビョンフンさんは、いま政府の助成金の審査員をしているそうなのだが「俺たちがいくら推薦してもダメだったんだ」と会場を笑わせた。
 全部のセレモニーが終了後、深夜まで『ソウル市民1919』のゲネプロ。

海外ツアー日記

2017年1月17日

週末は一時帰国していましたが、また台湾に戻っています。
今日から日記は、秋の海外ツアー編になります。けっこう波瀾万丈で面白いので、できたら読んでください。

_MG_0173

さて、いよいよ『愛のおわり』善通寺公演が近づいてきました。滅多に見られないスタイルの芝居です。是非、お近くの方に声をかけてください。

http://www.seinendan.org/play/2016/10/5785

『台北ノート』も上演まで一ヶ月を切り、そろそろ一般の予約が売り止めになりそうです。お早めにご予約ください。

https://www.tpam.or.jp/2017/?program=taipei-notes

無隣館三期生募集は、明日(17日)の消印有効までです。

http://www.komaba-agora.com/2016/11/5019

岡山県奈義町での『幕が上がる』映画上映会は無料です。日本一の子育ての町に是非おいでください。

http://tikinavi.jp/?act=info_detail&info_id=79560

日記の続き

10月20日(木) 朝8時から週刊金曜日取材。9時から『ソウル市民』の稽古。午後、杉並区教育委員会で先生向けのワークショップ。そのまま丸の内に出て、藝大in丸の内で、学生とトーク。アゴラに戻って、もう一件、『天然生活』の取材があって、あと面談二件。
この日、ロボット演劇本隊は渡韓。

10月21日(金)  朝の飛行機で青森空港へ。羽田での出発が大きく遅れて、会場への到着がギリギリになる。10時から11時20分まで青森県主催の文化フォーラムで基調講演。終了後、すぐに空港へ。13時25分発の国際線で仁川空港へ。16時仁川空港着。大田市まで何で行くか迷ったが、直行の特急を待って、夕食をとりカフェで原稿を書く。
18時35分発のKTX(韓国の新幹線)で大田へ。20時33分大田着。タクシーでホテルへ。荷物を置いて地下鉄で劇場へ。夜中まで『働く私』『さようなら』の場当たり。いよいよここから、秋の海外ツアー開始!

10月22日(土) 午前中にゲネプロ。15時と19時に二本立ての公演。驚くほど、お客さんが入っていない。同じ時期に、同じフェスティバルに参加した第十二言語スタジオは、昨日の初日、観客がゼロで公演中止になったそうだ。科学とアートのフェスティバルで、演劇を扱うのは初めてとのこと。広報がまったくされていないようだった。粛々とアフタートーク。観客の評判は、ことのほかいい。
第十二言語スタジオのメンバーと合流してテジカルビで初日乾杯。観客の少なさを肴に大いに盛り上がる。

10月23日(日) 早朝、ホテルを6時半に出て地下鉄で大田駅へ。昨日、切符を取っておいたKTXに乗って、スタッフ二人とソウルに出発。8時、ソウル駅着。地下鉄で大学路へ。そこから歩いて劇場へ。この日は、午前中、劇場の下見。行くと、まだいろいろ工事をしていたが、7月には影も形もなかった場所に、とにかく劇場はできていた。
スタッフがいろいろ計ったりしている間、私はぶらぶらと近所を歩いたり、時々通訳をする。10時過ぎに下見は終わって、三人でソウル駅へ。ここから帰国する舞台監督を見送って、さらに大田に戻るスタッフを改札まで見送って、私はまず地下鉄で明洞へ。昨晩、眼鏡が壊れたので、とりあえず眼鏡を作る。午後3時にはできるとのことだったので、昼食を取ってから東大門へ。ここで、『ソウル市民』ツアー組が泊まるホテルで代金の支払いを済ませる。明洞に戻って眼鏡をピックアップ。KTXで大田に戻る。ソアレ終演後、アフタートーク、相変わらず観客は二十人程度。主催者に、しきりと謝られる。
終了後、ホテルに預けておいた荷物を受け取って地下鉄で大田駅へ。今日、三度目のKTXで、またもソウルへ。ちなみに、今回は、コレイルパスという韓国国鉄乗り放題のパスを購入したので、いくら移動してもタダなのだ。

KTX161023

10時過ぎにソウル駅について、地下鉄で東大門のホテルへ。11時、チェックインを済ませる。バスタブにゆっくりとつかる。

ふたば未来学園演劇部東京公演

2017年1月11日

日記にたびたび登場する福島県のふたば未来学園高校の演劇部が、今年度の演劇コンクール参加作品『数直線』の東京公演を行うことになりました。

http://www.komaba-agora.com/play/5303

 私がチラシに書いた文章を転記します。

 愛情も偏見も、寂しさも憎悪も、そのすべてを、聞き慣れない様々な単位の数値に置き換え、その数値について「以上」や「以下」や「未満」という線引きを行う。福島の人々は、震災以降、様々な数字と線引きに翻弄されてきました。多くの善意の人々が、自己の主張に都合のいい数字だけを集めて、それを科学と呼んできました。
 ふたば未来学園で生徒たちが演劇に触れてくれたことの何よりの成果は、世の中には数字では計れない事柄が山ほどある、いや、そのほうが多いという単純な事実に、素直に向き合えたことかもしれません。
 同好会結成から二年、正式創部から半年足らずの演劇部が創った甘く、切なく、軽やかな舞台を、是非多くの方にご覧いただければと思います。

これも長く関わってきた母校ICUの学生寮紹介ムービーが完成しました。せひ、ご覧ください。学生のアイデアを元に私が構成した作品です。

https://www.icu.ac.jp/campuslife/dormitories/making.html

『愛のおわり』善通寺公演、いよいよ来週です。

http://www.seinendan.org/play/2016/10/5785

無隣館三期生募集の説明会が始まりました。

http://www.komaba-agora.com/2016/11/5019

岡山県奈義町での『幕が上がる』映画上映会は無料です。磯崎新さん建築の現代美術館もあります。是非、足をお運びください。

http://tikinavi.jp/?act=info_detail&info_id=79560

『台北ノート』は、稽古が着々と進んでいます。横浜美術館公演は、客席が限られます。お早めにご予約ください。

https://www.tpam.or.jp/2017/?program=taipei-notes

日記の続き

10月12日(水) 午前のJRで福島へ。午後、ふたば未来学園で授業。終了後、演劇部の通し稽古を見学。夜のJRで帰京。打ち合わせ一件。

10月13日(木) 午前中、地域創造で講演会。午後、東京藝大授業。夕方の飛行機で旭川空港へ。久々に、富良野プリンスホテル宿泊。ホテルの中に温泉ができていた。

10月14日(金) 午前中、社会教育研究大会で特別講演。昼食後、富良野マルシェをご案内いただく。すごい賑わいになっている。富良野はすでに、すべての小中学校で演劇教育を実施している。

富良野マルシェ1

 夕方の便で帰京。自宅に寄る。母の体調、おもわしくない。好物の「白い恋人」は食べる。
 20時から『ソウル市民1919』の通し稽古。引き続き旅公演のミーティング。

10月15日(土) 朝面接二件。9時から制作ミーティング。10時に駒場を出て、11時から富士見市で星野新市長(前市長と同性なので紛らわしい)と会食。午後、富士見子ども大学で授業。東武線、副都心線、東急線の直通電車に乗って神奈川県の白楽へ。便利になったものだ。神奈川大学でのセミナーで講演。終了後、懇親会。アゴラに戻って22時から、ロボット公演の方の旅ミーティング。

10月16日(日) 午前中『働く私』通し稽古。午後、映画美学校、創作発表会。JRを乗り継いで、深夜豊岡着。

10月17日(月) 午前中、城崎中学校モデル授業。打ち合わせ一件。JRで京都、そして近鉄で奈良へ。妻と合流して西大寺で展示を鑑賞。そのあと維新派観劇。松本雄吉さんの逝去という思いもかけない事態を挟んで、ついに公演が実現した。関係した、すべての皆さん、ありがとうございました。会場への行き帰りに、いろいろな知り合いと会う。
近鉄で鶴橋に出て韓国料理店で食事。梅田泊。

10月18日(火) バスで伊丹空港へ。伊丹から福島空港へ。空港からバスで湯本へ。駅前の温泉で、すかさず入浴。午後、いわき総合高校で授業。いわき市に出て、ふたば未来学園の授業に関する打ち合わせ。そのあと、先生方と懇親会。いわき泊。

10月19日(水) 7時52分いわき発の常磐線で広野へ。この線は、今のところ、広野の一つ先の竜野という駅で止まっている。一限から六限まで、半年かけて創った劇の発表会。各クラス代表が決定する。みんな、頑張りましたね。
 夕方の特急で帰京。母、食欲なし。打ち合わせ一件。

『愛のおわり』善通寺公演は来週です

2017年1月10日

『愛のおわり』善通寺公演が近づいてきました。

_MG_0173

中四国地区で俳優をしている方、志している方には、是非ご覧いただきたい作品です。
19日、20日には、アフタートークもあります。

http://www.seinendan.org/play/2016/10/5785

明日(11日)は、無隣館三期生募集の説明会です。

http://www.komaba-agora.com/2016/11/5019

岡山県奈義町での『幕が上がる』映画上映会は無料です。奈義町は、一昨年、特殊出生率2.81を記録し、日本一に輝いた町です。

http://tikinavi.jp/?act=info_detail&info_id=79560

『台北ノート』は、稽古が着々と進んでいます。横浜美術館公演は、お早めにご予約ください。

https://www.tpam.or.jp/2017/?program=taipei-notes

日記の続き

10月5日(水) 午前中のJRで、この日も福島県広野町へ。午後、ふたば未来学園で授業。夜、アゴラに戻って『ソウル市民』稽古。23時から取材一件。

10月6日(木) 朝一の便で伊丹空港へ、空港から宝塚の光明小学校へ。午前中モデル授業。そのまま飛行機で折り返して、午後は東京藝大で授業。さらに、もう一回羽田から伊丹へ。宝塚ホテル泊。何をやっているんだか・・・。

10月7日(金) 午前中、宝塚し末成小学校でモデル授業。13時から打ち合わせ二件。JRで岡山へ。

10月8日(土) 午前中、打ち合わせ一件。午後、岡山アートファーム主催のセミナーで講演会。新幹線とJRで尼崎のピッコロシアターへ。18時半から20時半、授業。

10月9日(日) 11時から16時まで、引き続き、ピッコロシアターで授業。稽古中の岩松さんにお目にかかる。終了後、飛行機で帰京。アゴラに戻って稽古。

10月10日(月) 朝、面接。『働く私』稽古。JRで、栃木県佐野市へ。午後佐野市文化会館で講演会。終了後、市長も交えて簡単な懇親会。17時に東武線で佐野市を出て、JR,新幹線、JRと乗り継いで夜の12時過ぎに豊岡着。

10月11日(火) 城崎小学校でモデル授業。午後のJRで帰京。夜、『ソウル市民』稽古。22時半からスタッフミーティング。
すごく働いているように見えるけれど、ほとんどが移動の時間だ。