『マハーバーラタ』開幕しました

2016年9月11日

 東アジア文化都市演劇部門が開幕しました。
 連日、当日券も出るようですので、ぜひ、おいでください。あと二日のみです。

160909_175843

 こちらは東大寺

160909_155721

熊本県立劇場で、姜尚中館長と対談します。震災後、熊本を訪れるのは初めてになります。

http://www.kengeki.or.jp/audienceperform/2016_sousekitaidan

品川区で、こういうイベントに出ます。

http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000004500/hpg000004438.htm

この日は、埼玉で言友会という吃音の方たちの組織の全国大会にも出ます。

http://saitama-genyukai.jimdo.com/

 日記の続き
7月30日(土)  朝から『南島俘虜記』の稽古。一通り、ラストまで終わる。上演は来年四月の予定。夜は演劇人コンクール最終日。無事に審査まで終了。

7月31日(日) 朝6時に利賀村を出て金沢へ。レンタカーを返却してJRで京都へ。近鉄特急で奈良へ。13時半から16時半、奈良県の高校演劇連盟の生徒約100名対象のワークショップ。終了後、顧問の先生方と懇親会。途中で退席して、京都、岡山経由で津山へ。24時津山着。

8月1日(月) 7時半にホテルを出て奈義町へ。8時半から11時半、奈義中学校の中学一年生2クラス対象のモデル授業。11時半から12時半、小中学校の教員対象の講演会。昼食後、打ち合わせ三件。夕方岡山に戻って、関係者と簡単に懇親会。中座して新幹線で新大阪へ。23時、伊丹空港着。伊丹空港のホテル泊。研究費申請の作文が山場を迎える。

8月2日(火) 少し朝はゆっくりして10時半の飛行機で花巻へ。13時から14時50分、岩手県の高校教員対象のワークショップと講演会。新花巻駅から新幹線で郡山へ。途中、福島県史上最大の豪雨にニアミス。あと30分前後移動がずれていたらたいへんなことになっていた。高速バスでいわきへ。いわき地区の演劇部顧問の先生方と懇親会。いわき総合高校の卒業公演を演出に来ているロロの三浦直之さんも同席。

8月3日(水) 早朝、ここ一ヶ月ほど、多くの方に協力していただいた研究費申請の膨大な書類を送付。通るといいなあ。10時から17時、いわき地区の演劇部員約50名対象のワークショップ。いわき総合高校の冷房のない体育館で行ったためフラフラになる。湯本駅発の特急の中でインタビュー一件。23時、久々に帰宅。

8月4日(木) 午前中、税理士さんと決算の打ち合わせ。面接、制作ミーティング。午後、打ち合わせ二件、インタビュー一件。夜、西きょうじさんと下北沢の書店で対談。軽く打ち上げにも参加。下北沢で飲むのは何年ぶりだろう。

8月5日(金) 飛行機を利用して日帰りで豊岡市へ。午前中、文化政策関連の会議。午後、豊岡市基本構想委員会で社会包摂に関するレクチャーと質疑応答。以前から決まっていたものだけれど、相模原の事件を受けて、より切実なものとなった。夕方、出石のひぼこホール視察。活性化策の検討。飛行機で帰京。22時過ぎ帰宅。

SPAC『マハーバーラタ』本日初日!

2016年9月09日

 この四日間は、台湾で『台北ノート』のプレ稽古をしていました。『東京ノート』を翻案した『台北ノート』は来年2月に横浜で、9月に台北で上演の予定です。

spac03

 いよいよ東アジア文化都市演劇部門が開幕します。『マハーバーラタ -ナラ王の冒険-』初日です。
 当日券も出るようですので、ぜひ、おいでください。このロケーションでの上演は、最初で最後になるかもしれません。伝説の舞台に立ち会っていただければと願っています。

品川区で、こういうイベントに出ます。

http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000004500/hpg000004438.htm

 日記の続き
7月21日(木) 朝5時半に駒場を出て大宮経由で富山へ。車中で田中幹夫南砺市長と会う。富山駅でレンタカーを借りて利賀村へ。荷物を部屋に入れてから、青年団の合宿に合流。午後は来年再演予定の『南島俘虜記』のプレ稽古。夕方、富山県庁から来客一件。早い夕食のあと、18時と20時、いよいよ演劇人コンクール開幕。終演後、10時まで講評会。部屋に戻って、今日は早めに就寝。

7月22日(金) せっかく利賀に来たというのに5時に起きて山を下りる。新高岡に車を置いて新幹線とJRを乗り継いで豊岡へ。豊岡アートシーズンのオープニングセレモニー。

160720豊岡

豊岡こと160720

前後に打ち合わせ数件。多くの来場者で賑わう。打ち上げ後、豊岡泊。

7月23日(土) 10時から16時まで、植村直己冒険館リニューアルなどについて会議3件。16時半のJRで富山県に戻る。21時50分新高岡着。利賀に戻ったのは23時。

7月24日(日) 朝から『南島俘虜記』の稽古。グループ創作の面談。夜、演劇人コンクール。講評会。鈴木忠志さんのお宅で懇談。

7月25日(月) この日も高岡へ。毎年恒例の富山大学芸術学部での特別講義。レンタカーを返却して新幹線、JR、新幹線と乗り継いで岡山へ。夕食をとってから車で津山へ。津山泊。

7月26日(火) 朝8時、津山発、車で奈義町へ。町役場の職員採用試験の模擬試験。

試験問題は、町長から「東京オリンピックの合宿を、どの協議のどの国でもいいから誘致してこい」と言われた若手職員たちのディスカッションドラマを作るというもの。無事に終わって昼食。町内の校園長会議で講演と質疑。保育園と幼稚園見学。打ち合わせ3件。18時半からタウンプライド協議会で講演とワークショップ。23時、岡山着、岡山泊。

7月27日(水) 朝7時の飛行機で羽田へ。東京藝大に出勤して研究費申請に関するミーティング。11時半、上野発の新幹線で金沢へ。レンタカーで利賀に戻る。夕方、県庁の方たちと懇談。夜、演劇人コンクール、講評会。

7月28日(木) 午前中、『南島俘虜記』稽古。午後はグループ創作。私は研究費の書類書き。打ち合わせ一件。夜、創作発表。そして合宿の仮打ち上げ。

7月29日(金) 5時半、車で富山空港へ。7時10分の飛行機で羽田へ。文化庁で東アジア文化都市に関する打ち合わせ。虎ノ門から渋谷に出て打ち合わせ一件。引き返して13時から14時、有楽町の読売ホールで日本文学館主催の文学講座。次の登壇者の佐伯一麦先生にはじめてお目にかかる。さらにとって返してアゴラへ。15時から18時、鈴木孝夫先生との最後の対談。20時10分の飛行機で富山に戻る。23時、利賀へ戻る。

アフタートーク決定!

2016年9月08日

東アジア文化都市、SPACの『マハーバーラタ -ナラ王の冒険-』の初日に、私と宮城聡さんによるアフタートークが決定しました。

http://culturecity-nara.com/event_info/ishinha/

ぜひ、皆さん、おいでください。

spac03

先週末には、東アジア文化都市のコア期間開会式が大安寺で行われました。

古都祝奈良開会式160901

奈良市内の各寺院で、コンテンポラリーアートの展示が見られます。この機会にしか見られない作品です。ぜひ、演劇とあわせておいでください。

古都祝奈良開幕

2016年9月01日

 アジア演出家フェスティバルが開幕しました。今年は日本、韓国、中国、台湾に加え、インドネシアから初参加。民族衣装が決まっています。

インドネシア160830

そして、東アジア文化都市演劇部門は、いよいよ一昨日から、維新派のチケットの発売を開始しました。たいへんお得なSPACとのセット券もあります。限定販売ですので、早めにご購入ください。

http://culturecity-nara.com/event_info/ishinha/

今回は、文化庁主催の催しということで、関係者のご尽力により平城宮跡での上演が実現しました。このロケーションでの上演は最初で最後かもしれません。

spac03

 奈良市内では、各寺院でも素晴らしい展示が行われています。東京から行っても、けっして損のない時間になると思います。ぜひ、お出かけください。
 関西地区のお知り合いにもご喧伝ください。

遊園地再生事業団+こまばアゴラ劇場

http://www.komaba-agora.com/

 4,5,6日の夜の公演がお勧めのようです。

日記の続き
7月15日(金) 7時45分の飛行機で高松へ。四国学院大学で会議。昼食のうどんを挟んで2限、3限と授業。JRで善通寺から岡山経由で姫路へ。姫路で夕食をとって播但線で豊岡へ。豊岡泊。

7月16日(土) 10時から16時まで豊岡市民プラザで中高校生向けのワークショップ。終了後、市長協議。18時5分の便で但馬コウノトリ空港から伊丹へ。乗り継いで福岡へ。福岡泊。

7月17日(日) 先週に続いて戯曲を作るワークショップ。終了後、博多から新下関へ。19時半からコーヒーボーイ下関店という素敵なカフェで、飯田哲也さん、小川仁志さんとシンポジウム。終了後、深夜まで懇親会。下関泊。

7月18日(月) 午前中、高杉晋作縁の櫻山神社へ。

招魂社

その後、下関の絵本のお店「子どもの広場」訪問。

子どもの広場16071702

13時から15時半まで下関市立美術館でシンポジウム。市長のほか、下関の老舗劇団海峡座の武部代表や子どもの広場の横山さんも出席。たくさんのお客さんが来てくださいました。新幹線の時間まで、昨日のコーヒーボーイで主催の皆さんと懇談。新下関から博多へ。博多駅からバスで福岡空港国際線ターミナルへ。20時20分福岡空港発の便で韓国のインチョン国際空港へ。21時40分には仁川着。バスで市内へ。23時過ぎには、東大門のホテルにチェックイン。

7月19日(火) 朝8時にロビーで待ち合わせて地下鉄でソウル駅へ。高速鉄道で1時間かけて大田へ。劇場と宿舎の下見。10月公演の打ち合わせ。順調に進んで大田駅で凍ったククス(そば)で昼食。そのままソウルに戻って13時から、今後はソウル公演の劇場と宿舎の下見。15時過ぎには終了して、大学路のカフェで一休み。17時からと18時から取材二件。キム・ガンボさんと懇談。20時から『隣にいても一人』韓国語版を観劇。写真は『隣にいても一人』のTシャツ。

『隣にいても一人』Tシャツ

アフタートークにも出る。終演後、向かいのカフェで上演をしていたパク・クニョンさんと邂逅。キム・ガンボさんもパククニョンさんも、ほぼ同じ年齢。近くの焼き参鶏湯のようなお店で打ち上げ。24時頃、宿舎に帰る。

7月20日(水)  朝、少しゆっくりしてから、地下鉄で金浦空港へ。いつ来ても30年前を思い出す。12時55分金浦発羽田行きで帰国。いったん家に戻って着替えてから高円寺へ。19時から21時、劇作家協会主催の戯曲セミナー。終了後、アゴラに戻って22時からスタッフミーティング。24時、帰宅して荷造り。

古都祝奈良

2016年8月29日

私は現在、富山県南砺市利賀村にいます。利賀では、SCOTサマーシーズンが開催中ですが、いよいよ今日からは、アジア演出家フェスティバルが開幕します。お近くの方、ぜひ、おいでください。

利賀160829

奈良市では、私が演劇部門の芸術監督を務めます東アジア文化都市のコア期間が開幕します。
東アジア文化都市は通年のイベントですが、そのうちコア期間を定めて、いくつかの催しを集中して行います。奈良市はこれを「古都祝奈良(ことほぐなら)」と称して9月3日(土)から約一ヶ月強に渡って開催します。

9月2日、3日にはオープニングイベントが開催されます。

http://culturecity-nara.com/event_info/kotohogu_op/

そして、舞台芸術部門では、9月9日(金)よりSPACの『マハーバーラタ ナラ王の冒険』が平城宮跡で上演されます。

http://culturecity-nara.com/event_info/?kw=&ds=&de=&c2%5B%5D=g_07

また、期間中は、奈良市内の各寺社でコンテンポラリーアートの展示が展開されており、一日いても飽きない構成となっています。ぜひ、この機会に奈良においでください。

日記の続き

7月11日(月)
10時半から2時間強、鈴木孝夫先生と対談。井の頭線とJRで文化放送へ。ラジオ生出演。たまたま経済評論家の森永卓郎さんがいらっしゃったのでご挨拶。そのまま吉祥寺アターへ。終演を見届け、サインをしまくってからいったんこまばアゴラ劇場へ。今年の秋に、アゴラで『ゴドーを待ちながら』を上演していただく河合祥一郎さんと打ち合わせ。河合さんは、先週、講演会をした駒場幼稚園の二期先輩。家で仕事をしてから吉祥寺に戻って『ニッポン・サポート・センター』の打ち上げ。やはり評判の良かった公演の打ち上げは盛り上がる。11時過ぎに帰宅。

7月12日(火) 朝7時半の飛行機で岡山空港へ。そこから車で奈義町へ。10時から19時まで、五つの会議に出席して車で岡山市内へ。21時に岡山着、この日は岡山泊。

7月13日(水) 朝6時20分の新幹線で新大阪へ。そこからバスで伊丹空港へ。8時15分の飛行機で福島空港へ。福島空港からバスでいわきへ。いわきで昼食をとってからJRで広野へ。ふたば未来学園で今学期最後の授業。一年生全員が体育館に散らばってプロットづくり。私は呼ばれたところに駆けつけてコメント。ふりかえりのあと、車でいわき総合高校へ。18時から20時、いわき総合高校演劇部を見学。終電で帰京。24時帰宅。

7月14日(木) 10時半から12時半、新宿で、Pepperのアプリを開発している業者の方々対象のワークショップ。東京藝大とソフトバンクの連携事業。たいへん好評だったようです。昼食をとって大学へ。14時40分から18時まで、今学期最後の授業。修了後、会議一件。アゴラに戻って21時から23時、制作ミーティング。修了後、面接二件。24時帰宅。