青年団第97回公演

聖天通劇場こけら落としシリーズ 演劇

『コントロールオフィサー』+『百メートル』二本立て公演

作・演出:平田オリザ

2023年3月23日(木)-26日(日)

会場:聖天通劇場



2022年『百メートル』

『コントロールオフィサー』は2016年、支援会員ネットワークの一員である三重県津市の「津あけぼの座」という劇場の10周年記念公演のために書き下ろされました。2019年2月、これを青年団で上演したところ思いがけず大きな評判を呼び、まさかのニューヨーク公演、北米ツアーが実現することになりました。ただ『コントロールオフィサー』は30分の短編ですから、これだけでは興行として成り立たず、「スポーツに関する演劇をもう一本書いてくれ」という無茶ぶりがニューヨークのプロデューサーから届きました。そして、急遽できあがったのが新作『百メートル』です。短距離レースの前後の緊張と弛緩を二つの作品で二つながらに描くことができればと考えました。

そしてさらに、まさかまさかのニューヨーク公演中止が決定し、国内公演も延期となりました。そして東京オリンピックの一年延期! 2020年冬にやっと『百メートル』が完成し東京公演のみ実施。とまぁ、これほど数奇な運命にもてあそばれた作品も珍しいかと思います。

今回の再々演では、物語の骨格は同じとしながら、パリオリンピックを目指す選手たちの話に全面的に書き換えてお届けします。なんだか、ぼんやりと終わってしまった東京オリンピックの余韻を引きずりながらのアスリートの悲喜こもごもを描いていければと考えています。

新たに小劇場のネットワークに加わる聖天通劇場のこけら落としとして、この作品を上演できることを誇りに思います。

平田オリザ

『コントロールオフィサー』

舞台はパリオリンピックの出場選手を決める水泳日本選手権の試合終了後のドーピング検査控室。コントロールオフィサー(検査員)に囲まれる中、選手たちは水を飲み、尿意を待ち続けている。他愛のない会話が続く中、一人、また一人と、検査のために控室を出ていくのだが…。



『百メートル』

陸上100メートル競走、パリオリンピック代表選手を決める決勝の控室。スタートを前に、緊張する密室空間の中で、一人集中する者、音楽を聴く者、緊張を紛らわすために逆にひょうきんにふるまう者など、様々な個性が表れ、断片的な会話の中から、100メートル競走という競技の特殊性、走ることの意味などが浮かび上がる。

出演

『コントロールオフィサー』
海津 忠 島田桃依 串尾一輝 尾﨑宇内 中藤 奨 木村巴秋 金定和沙 松井壮大

『百メートル』
海津 忠 串尾一輝 尾﨑宇内 中藤 奨 木村巴秋 松井壮大

スタッフ

舞台美術:杉山 至
照明:井坂 浩
衣裳:正金 彩、中原明子
舞台監督:武吉浩二(campana)
フライヤーデザイン:カヤヒロヤ、西 泰宏
制作:赤刎千久子

日時

2023年3月23日(木)-26日(日)

3月23日 19:30★
24日 19:30
25日 14:00 18:00★
26日 14:00
受付開始・開場は開演の30分前

★の回終演後、平田オリザによるアフタートークを開催



◯上演時間(予定)
『コントロールオフィサー』約30分+『百メートル』約30分(演目間休憩あり)
会場

聖天通劇場

大阪府大阪市福島区福島7丁目7-12 TEL:06-6452-0071(公演期間中のみ)

料金

予約・当日共
一般 2,000円
26歳以下 1,000円
18歳以下 無料

*日時指定・全席自由
*未就学児はご入場いただけません
*26歳以下の方はご観劇当日、受付にて年齢を確認できる証明書をご提示ください
チケット
発売日

2023年2月19日(日)

チケット
取り扱い

青年団

03-3469-9107 (12:00 - 20:00)

【ご来場のお客様へのお願い】


ご来場の際には必ずマスクの着用をお願いいたします。
ご入場時に検温させていただきます。ご協力をお願いいたします。
公演当日、37.5度以上の熱がある方、風邪などの症状がある方、体調が優れない方は、ご来場をお控えください。
お問い合わせ

青年団

 03-3469-9107(12:00 - 20:00)
  企画制作:青年団/(有)アゴラ企画
主催:一般社団法人江原河畔劇場