東京文化会館 舞台芸術創造事業

日本・ハンガリー国交樹立150周年記念

『くちづけ 〜現代音楽と能〜』

演出:平田オリザ(Harakiri/くちづけ)
曲目:エトヴェシュ・ペーテル『くちづけ』(国際共同委嘱作品/日本初演)ほか

2019年3月9日(土) 1ステージ

会場:東京文化会館 小ホール

ハンガリーを代表する作曲家エトヴェシュ・ペーテルが
青木涼子(能)に捧げる新作『くちづけ』ー
ー幕末の日本を舞台に描く官能的な愛の物語『絹』(著:アレッサンドロ・バリッコ)に
着想を得た本作と、1973年発表作『Harakiri』のふたつの魅惑的な世界で、
平田オリザが、初めて能の演出を手がけます。

会場

東京文化会館 小ホール

お問い合わせ

青年団

 03-3469-9107(12:00 - 20:00)
  企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場