Toyooka Art Season 2016参加事業/青年団国際演劇交流プロジェクト2016

『MONTAGNE/山』

作・演出:トマ・キヤルデ

会場:城崎国際アートセンター・ホール/アトリエ春風舎

 

MONTAGNE

人類が地球から別の星へ移住することになり、
新天地に移植するサンプル集めという任務のため、
採取地の山にやってきた日本人とフランス人。

フランス人演出家トマ・キヤルデによる、「山」をテーマとした日仏の国際共同プロジェクト。

フランス版と日本版の2バージョンを制作。共に同じフランス人俳優と日本人俳優が出演する、こどもから大人まで楽しめる二人芝居。

2016年5月にフランス版が仏・アルプス地方にあるギャップ市の国立舞台で制作、アルプスの大自然の中で野外上演された。

2016年8~9月、城崎国際アートセンターに滞在し、神鍋高原や豊岡出身の冒険家・植村直己などのリサーチを経て、日本版の制作と上演を行う。


[日本語・フランス語・英語上演 日本語字幕付き]

トマ・キヤルデ Thomas Quillardet

1979年生まれ。俳優としてキャリアを積んだのち、演出家としてフランス国内とブラジルを中心に活躍。主な演出作品に、『三匹の子豚』(コメディフランセーズ・スタジオシアター、2012年)、『南部高速道路』(作:フリオ・コルタサル、キャロル・ダンロップ/国立コリーヌ劇場・リモージュ国立演劇センター、2012年)がある。

出演

ブノワ・カレ 河村竜也(青年団・青年団リンク ホエイ)

スタッフ

照明・字幕:西本 彩 井坂 浩
音響:《豊岡公演》小林勇陽(NPO法人プラッツ)《東京公演》泉田雄太
ドラマツルグ:山内健司
翻訳・通訳:平野暁人
宣伝美術:野口美奈子
制作:西尾祥子(システマ) 金澤 昭 《豊岡公演》吉田雄一郎 橋本麻希 田中友里絵(以上KIAC)
総合プロデューサー:平田オリザ

チケット
発売日

2016年7月9日(土)

チケット
取り扱い

青年団

 03-3469-9107(12:00 - 20:00)
  製作:城崎国際アートセンター(豊岡市)、(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:《豊岡公演》城崎国際アートセンター(豊岡市)《東京公演》(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
助成:《豊岡公演》平成28年度 文化庁 文化芸術による地域活性化・国際発信推進事業《東京公演》平成28年度 文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業/在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ パリ本部

豊岡公演

会場

城崎国際アートセンター・ホール

兵庫県豊岡市城崎町湯島1062 TEL. 0796-32-3888 
JR「城崎温泉」駅から徒歩15分
日時

2016年9月10日(土)- 9月11日(日) 2ステージ

9月10日   19:00
11日 14:00  
受付開始=開演の60分前、開場=開演の20分前。
料金

前売・予約・当日共
一般=2,000円 学生・シニア(65歳以上)=1,500円 高校生以下=1,000円

*日時指定・全席自由席・整理番号付
*学生・シニア、高校生以下の方は、当日受付にて学籍、年齢を示す証明書を提示してください。

[託児サービス(無料)]
9月2日(金)までに城崎国際アートセンターへお電話でお申込みください。
対象:満1歳6ヶ月から就学前までのお子様
チケット
発売日

2016年7月9日(土)

チケット
取り扱い

青年団

03-3469-9107 (12:00 - 20:00)
※青年団では予約のみの取り扱いです。

城崎国際アートセンター


[電話予約] 0796-32-3888(9:00-17:00 火曜休館)
[オンライン予約]http://kiac.jp/jp/tickets
[窓口販売]城崎国際アートセンター、豊岡市民会館、豊岡市民プラザ、出石文化会館(ひぼこホール)、豊岡市立図書館本館、豊岡市立図書館但東分館、城崎・竹野・日高地区公民館
お問い合わせ

城崎国際アートセンター


[電話] 0796-32-3888(9:00-17:00 火曜休館)
[メール] info@kiac.jp
[オンライン]http://kiac.jp/
関連プログラム

『MONTAGNE/山』をめぐるミニパフォーマンス&トーク

日時:8月28日(土)13:00-14:00【27日から変更となりました】
会場:植村直己冒険館
※関連プログラムの詳細については、城崎国際アートセンターへお問い合わせください。

東京公演 青年団国際演劇交流プロジェクト2016

会場

アトリエ春風舎

東京都板橋区向原2-22-17 すぺいすしょう向原B1
tel.03-3957-5099(公演期間中のみ)
東京メトロ有楽町線・西武有楽町線「小竹向原」駅下車 4番出口より徒歩4分
日時

2016年9月17日(土)- 9月19日(月・祝) 4ステージ

9月17日   18:00
18日 14:00 18:00
19日 14:00  
受付開始=開演の40分前、開場=開演の20分前。
料金

予約・当日共
一般=2,500円 学生・シニア(65歳以上)=2,000円 高校生以下=1,500円

*日時指定・全席自由・整理番号付
*学生・シニア、高校生以下の方は、当日受付にて学籍、年齢を示す証明書を提示してください。
*未就学児童はご入場頂けません。
チケット
発売日

2016年7月9日(土)

チケット
取り扱い

青年団

03-3469-9107 (12:00 - 20:00)
お問い合わせ

青年団 03-3469-9107 (12:00-20:00)

関連企画

河村竜也(青年団、ホエイ)公開インタビュー〔9/15(木)19時~〕

日仏演劇協会・観客発信メディアWL共催企画
 ~異文化間の共同制作の実際:『MONTAGNE/山』の日仏公演をめぐって~

青年団に所属し、ホエイを主宰する河村竜也氏は、 2016年5月にフランス人劇作家・演出家のトマ・キヤルデ氏の作品『MONTAGNE/山』に出演するため、南フランスにある町、ギャップに滞在し、アルプス山中の標高1600メートルの野外で作品の公演を行いました。日本人が足を運ぶことがまずないような地方都市の山上で、なぜ日仏共同制作の演劇作品が上演されることになったのか?

今回は公開インタビューのかたちで、河村氏とキヤルデ氏を招き、日仏共同でこの作品を作ることになった経緯、日仏制作環境の違い、作品制作過程のエピソード、異文化間共同制作の意義と問題点などについて、フランスでの上演資料ともに語って頂きます。

『山/Montagne』は少人数のスタッフによる小さな作品ですが、それだけに、海外での作品上演を考える演劇人の一つのモデルとなるでしょう。また異文化間コミュニケーションについて考えるうえでの興味深い事例にもなるでしょう。

なお『MONTAGNE/山』は、日本公演用に変更を加えたうえで、9月17日から19日までアトリエ春風舎で上演されます。この公開インタビューを通じて、東京での公演をより深く楽しむことができるでしょう。多くの方の参加をお待ちしております。


【日時】2016年9月15日(木)19時から21時
【場所】アトリエ春風舎
【出演】河村竜也(俳優、青年団、青年団リンクホエイ)、ゲスト:トマ・キヤルデ(演出家)、ブノワ・カレ(俳優)〔聞き手:片山幹生(日仏演劇協会、観客発信メディアWL)、通訳:平野暁人〕
【料金】入場無料・要予約
【予約】
青年団 03-3469-9107 (12:00-20:00)
メール MONTAGNE-ticket@seinendan.org
件名を「公開インタビュー・予約」とし下記の内容をお書き添えください
1)お名前(ふりがな)
2)人数
3)電話番号
4)備考
【9月14日(水)】までにお申し込みください。
【問い合わせ先】観客発信メディアWL 片山幹生(theatrum.wl@gmail.com
【主催】観客発信メディアWL 日仏演劇協会
【共催】青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場