青年団国際演劇交流プロジェクト2013

ジュヌヴィリエ国立演劇センター・こまばアゴラ劇場国際共同事業

『愛のおわり』[日本版]

作・演出:パスカル・ランベール
日本語監修:平田オリザ 翻訳:平野暁人

会場:静岡芸術劇場、ナレッジシアター、KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ

『愛の終わり』画像

 ©山本尚明

部屋の中で男と女が話している。
愛をおわらせようとして。

2012年フランス劇文学賞大賞受賞。
2013年フランス演劇賞主演女優賞・戯曲賞受賞
2011年フランス・アヴィニヨン演劇祭初演、観客を感動の渦に巻きこんだ傑作。
仏国内外で多数上演され、モスクワ、クロアチア、ローマ、ニューヨークの俳優による各言語バージョンも絶賛されている話題作の日本版/世界初演。
二つの視点、二つの沈黙、二つの言説が、死にゆく愛の暴力を明らかにしていく、究極の愛の物語。

ル・モンド紙 2011年7月11日

“パスカル・ランベール 破局の伝道者”
「発せられた言葉は弾丸のように相手の体を貫く。傷つき、体を折り曲げ、地面に倒れ伏す。受けた傷は猛烈で、全ての別離を経験した人に共通である。」


リベラシオン紙 2011年7月19日

“『愛のおわり』ボクシングのラウンドのような道のり”
「二つの長いモノローグの形をとった愛の破局。ボクシングのように全く同じシナリオのラウンドが二つ、役割は入れ替わるが、片方がパンチをくらわし、打たれた方は反撃せずに打ちのめされる。」



〜『愛のおわり』日本版の上演に寄せて〜

パスカル・ランベールが芸術監督を務めるジュヌヴィリエ国立演劇センターとこまばアゴラ劇場は、2007年ランベールの『愛のはじまり』日本版上演以来、緊密な交流関係を続けてきた。2012年は、私の新作アンドロイド版『三人姉妹』を、ジュヌヴィリエにて上演した。
パスカル・ランベールは、1990年代後半から台頭してきた「作・演出」を兼ねる新しいタイプのフランス演劇人の代表格であり、先駆者でもあった。また2010年に日本各地で上演された『世界は踊る 〜ちいさな経済のものがたり〜』では、各地の市民50名程度を舞台に上げつつ、市民参加の枠組みを超えた高い水準の作品として好評を得た。
今回の『愛のおわり』は、2011年のアヴィニヨン演劇祭で大ヒットした作品である。今回の日本初上演にあたっては、『愛のはじまり』同様、翻訳・演出に私も協力し、より完成度の高い作品をお届けしたいと考えている。

平田オリザ

パスカル・ランベール Pascal Rambert

フランスの劇作家・演出家。1962年生まれ。1984年に劇団Side One Posthume Théâtreを結成。2004年~2006年までアヌシー国立舞台のアソシエート・アーティストを務める。2007年に設立者のベルナール・ソベールを継承し、ジュヌヴィリエ国立演劇センターの芸術監督に任命される。

出演

兵藤公美 太田 宏

静岡児童合唱団(静岡公演)
帝塚山少年少女合唱団(大阪公演)
赤い靴児童合唱団(横浜公演)

スタッフ

舞台監督:大友圭一郎
照明:山口久隆、西本 彩
衣裳:正金 彩
通訳:平野暁人
演出助手:西本 彩
フライヤーデザイン:京(kyo.designworks)
宣伝写真:山本尚明
制作:西尾祥子(システマ) 横山 優 赤刎千久子

お問い合わせ

青年団

 03-3469-9107(12:00 - 20:00)
  総合プロデューサー:平田オリザ
企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場(大阪公演・横浜公演)、SPAC-静岡県舞台芸術センター(静岡公演)、アンスティチュ・フランセ日本
助成:アンスティテュ・フランセ パリ本部
提携:KAAT神奈川芸術劇場(横浜公演)
協力:大阪大学大学院国際公共政策研究科稲盛財団寄附講座、一般社団法人ナレッジキャピタル(大阪公演)
平成25年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業(静岡公演)、平成25年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業(ネットワーク構築支援事業)(大阪公演、横浜公演)

静岡公演

会場

静岡芸術劇場

静岡市駿河区池田79-4 tel : 054-203-5730
JR東静岡駅南口から徒歩約5分、グランシップ内
日時

2013年9月28日(土)、29日(日)

9月28日 16:00★
29日 14:00★
受付開始:開演の60分前 開場:開演の30分前

★=終演後、パスカル・ランベール、宮城 聰、ゲストによるアーティスト・トークを行います。


ゲスト:9月28日(土)=柳美里(作家) 9月29日(日)=平田オリザ(劇団青年団主宰)
料金

一般:4,000円 ペア割引:7,000円[ペアチケット(2枚)]

グループ割引:3,200円[3名様以上で1名様あたり]
*学割対象者は人数に含みません。
*10名様以上は電話・窓口のみでのお取り扱いになります。

ゆうゆう割引:3,400円[満60歳以上の方対象]
*公演当日、受付にて年齢のわかる身分証をご提示ください。

学割=大学生・専門学校生:2,000円 高校生以下:1,000円
*公演当日受付にて学生証をご提示ください。

障がい者割引:2,800円[障がい者手帳をお持ちの方]
*付き添いの方(1名様)は無料となります。

*各種割引を組み合わせてのご利用はできません。
*割引をご利用の際は、必ずご予約時にお知らせください。
*開演後のご入場はお断りする場合がございます。
*乳幼児の客席への入場はご遠慮ください。大人と一緒にご観劇いただける親子室がございます(要予約)。
チケット
発売日

SPACの会先行予約開始:8月28日(水) <br>一般前売り開始:9月1日(日)

チケット
取り扱い

SPACチケットセンター


TEL.054-202-3399(受付時間:10:00〜18:00) 
http://www.spac.or.jp

大阪公演

会場

ナレッジシアター

大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル4階 
TEL.06-6372-6434
JR大阪駅中央北口アトリウム広場より連絡デッキで直結。徒歩5分。
詳しくは劇場サイト内「ナレッジシアターへのアクセス方法」をご覧のうえ時間に余裕をもっておこしください。
日時

2013年10月5日(土)、6日(日)

10月5日 14:00
6日 14:00
受付開始:開演の60分前 開場:開演の30分前
料金

前売・当日共 
一般=3,000円 学生・シニア(65歳以上)=2,000円

*日時指定・全席自由席・整理番号付
*学生・シニアは青年団のみ取り扱い。当日受付にて学籍・年齢を確認できる証明書をご提示ください。
*開演後のご入場はお断りする場合がございます。
*未就学児の入場はご遠慮いただいております。
チケット
発売日

2013年8月25日(日)

チケット
取り扱い

青年団

03-3469-9107 (12:00 - 20:00)

e+ イープラス[PC/携帯]

 http://eplus.jp
お問い合わせ

青年団

 03-3469-9107 (12:00 - 20:00)

横浜公演

会場

KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ

横浜市中区山下町281 TEL.045-633-6500
みなとみらい線 日本大通り駅 3番出口より徒歩5分
みなとみらい線 元町・中華街駅 1番出口より徒歩8分
横浜市営地下鉄ブルーライン 関内駅より徒歩14分
JR根岸線 関内駅または石川町駅から徒歩14分
日時

2013年10月11日(金)− 14日(月・祝)

10月11日 19:30
12日 14:00
13日 14:00
14日 14:00
受付開始:開演の60分前 開場:開演の30分前
料金

前売・当日共 
一般=3,000円 学生・シニア(65歳以上)=2000円

*日時指定・全席自由席・整理番号付
*学生・シニアは青年団のみ取り扱い。当日受付にて学籍・年齢を確認できる証明書をご提示ください。
*開演後のご入場はお断りする場合がございます。
*未就学児の入場はご遠慮いただいております。
チケット
発売日

かながわメンバーズ先行予約開始:8月18日(日) <br>一般前売り開始:8月25日(日)

チケット
取り扱い

青年団

03-3469-9107 (12:00 - 20:00)

チケットかながわ

 045-662-8866 (10:00〜18:00) (横浜公演)
http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/