青年団国際演劇交流プロジェクト2011

『交換』L’Echange

原作:ポール・クローデル 演出:フランク・ディメック
原作戯曲邦訳:米谷ゆかり 上演台本作成:平野暁人 ドラマターグ:小里清(フラジャイル)

現代口語演劇を体現する青年団の役者が、独自の詩型を持つ近代戯曲の巨匠ポール・クローデル作品に飛び込むと、何が起きるのだろう。

2007年に平田オリザ作『ソウル市民1919』を演出したフランク・ディメックが、 野心的にこの化学反応、あるいは"交換"のタクトをふるいます。

21世紀、国際化グローバル化と叫ばれて久しいなか、改めて異なる文化、異なる イデオロギー、異なる肉体のぶつかり合いをどうぞ体感してください。

2009年 撮影: Jean Jacques Delattre(2009)

2009年 撮影: Jean Jacques Delattre(2009)

フランク・ディメック Franck Dimech

演出家。Cie Le Théâtre de Ajmer主宰。1970年生まれ。
2006年フランス政府の支援を受け、日本と韓国に5ヶ月間滞在。reset-Nの夏井孝裕と『Adagios』を共同制作。東京とマルセイユで上演。2007年には平田オリザ 原作『ソウル市民1919』を演出、マルセイユ国立演劇センターにて上演、好評を得る。2009年には青年団との共同制作により『交換』L'Echangeをこまばアゴラ 劇場とフランスで上演し、熱狂的な支持を得る。南仏マルセイユを拠点に活動する気鋭の演出家。

出演

川隅奈保子 島田曜蔵 福士史麻 綾田將一(reset-N) 

スタッフ

美術:青木拓也  フランク・ディメック  セルジュ・ドゥローム
衣裳:すぎうらますみ  シャンタール・ルソー
照明:伊藤馨(terrace)
舞台監督:桑原淳
通訳:平野暁人
宣伝美術:京(kyo.designworks)
制作:斎藤拓
日仏コーディネート:横山優
芸術監督:平田オリザ

日時
4月6日 19:00 ★
7日 19:00 ★
8日 19:00 ★
9日 18:00 ★
10日 15:00 ★◎
11日 15:00
受付開始は開演の40分前 開場は開演の20分前。

★= アフタートークあり


6日(水) フランク・ディメック × 俳優
7日(木) 松井周(作家 サンプル主宰/青年団)
8日(金) 前田司郎(作家 五反田団主宰)
9日(土) 山内健司(俳優 青年団) 深田晃司(映画監督 青年団)
10日(日)多田淳之介(演出家 東京デスロック主宰/キラリ☆ふじみ芸術監督/ 青年団)

◎= 託児サービスあり(要予約)


イベント託児マザーズ
料金:0・1歳児 2,000円 2歳児以上 1,000円
0120-788-222(営業時間:土・日・祝日を除く10時〜12時、13時〜17時)
※ご観劇の予約とは別に上記連絡先まで4日前までにお申し込みください。
料金

一般予約=3,000円 一般当日=3,200円
学生予約=2,800円 学生当日=3,000円

*日時指定・全席自由席・整理番号付
*全席自由・日時指定・整理番号付
*未就学児童はご入場いただけません。
*本公演は芸術地域通貨ARTS(アーツ)をご利用いただけます。
(ARTSとは、桜美林大学内の演劇施設で施行されている地域通貨です。1ARTS=1円で使用できます。)
チケット
発売日

2011年2月14日(月)

チケット
取り扱い

青年団

 03-3469-9107(12:00 - 20:00)
お問い合わせ

青年団

 03-3469-9107
WEB
  企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場 Cie Le Théâtre de Ajmer
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
共同制作:システム・フリッシュ・テアトル
後援:キュルチュールフランス 在日フランス大使館 東京日仏学院 マルセイユ市  ブッシュ・デュ・ローヌ県 プロヴァンス・アルプ・コートダジュール地域
協力:ポール・クローデル財団 フランソワ=ミッシェル・プザンティ  テアトル・ド・ポワン・アヴーグル ミッシェル・ヴァセルマン  ローズマリー・マキノ ユタカ・マキノ ミカエル・フェリエ  reset-N 桃唄309  terrace SOUL BOX ROW JAPAN 舞台美術研究工房 六尺堂