青年団国際演劇交流プロジェクト2009 日仏交流企画

Projet de Collaboration Internationale de Seinendan 2009 Spectacle franco-japonais

『鳥の飛ぶ高さ』 Par-dessus bord フランスツアー

作・演出:平田オリザ

原作:ミシェル・ヴィナヴェール texte original:Michel Vinaver"Par-dessus bord"
演出:アルノー・ムニエ mise en scène:Arnaud Meunier
翻案・演出協力:平田オリザ adaptation et collaboration artistique:Oriza Hirata

会場:フランス5カ所

青年団国際演劇交流プロジェクト2009 日仏交流企画 『鳥の飛ぶ高さ』 京都公演(2009) ©清水俊洋 SHIMIZU Toshihiro

『鳥の飛ぶ高さ』 京都公演(2009) ©清水俊洋

青年団国際演劇交流プロジェクト2009 日仏交流企画 『鳥の飛ぶ高さ』 京都公演(2009) ©清水俊洋 SHIMIZU Toshihiro

『鳥の飛ぶ高さ』 京都公演(2009) ©清水俊洋

青年団国際演劇交流プロジェクト2009 日仏交流企画 『鳥の飛ぶ高さ』 京都公演(2009) ©清水俊洋 SHIMIZU Toshihiro

『鳥の飛ぶ高さ』 京都公演(2009) ©清水俊洋

フランスを代表する現代劇作家ミシェル・ヴィナヴェール作"Par-dessus bord"の舞台を、現代の日本に置き換え、平田オリザがお届けするドロ沼企業買収劇。 超高性能便器を開発した日本の家族経営メーカーが、世界最大手のフランス資本便器会社に狙われる。 日仏合作の新型経済演劇をフランスの次世代を担うアルノー・ムニエが演出する。

ミシェル・ヴィナヴェール写真

ミシェル・ヴィナヴェール プロフィール

1927年生まれ。劇作家、小説家、批評家。元フランス・ジレット社社長。2006年に演出家としての仕事もはじめる。現実を直接的に描く「日常の演劇」の旗手として知られ、『職さがし』(1971年)、『労働と日々』(1979年)など彼がよく知る実業界に取材した作品も多い。



アルノー・ムニエ写真

アルノー・ムニエ プロフィール

1973年生まれ。政治学の学位取得後、演劇を学ぶ。俳優として活動した後、1997年にLa compagnie de la Mauvaise Graineを設立。ヴィナヴェールの作品に取り組むのは2006年の『職さがし』、2008年の『キング』に続き3作目。2006年に平田オリザ作『ソウル市民』をパリのシャイヨー国立劇場にて演出。

出演

山内健司 ひらたよーこ 松田弘子 志賀廣太郎 永井秀樹 天明留理子
太田 宏 大塚 洋 田原礼子 石橋亜希子 大竹 直 畑中友仁
高橋広司(文学座)
フィリップ・デュラン エルザ・アンベール ナタリー・マテール 
モアンダ・ダディ・カモノ

Kenji Yamauchi, Yoko Hirata, Hiroko Matsuda, Kotaro Shiga, Hideki Nagai, Ruriko Temmyo,
Hiroshi Ota, Hiroshi Otsuka, Reiko Tahara, Akiko Ishibashi, Tadashi Otake, Tomohito Hatanaka
Hiroshi Takahashi (Bungakuza)
Philippe Durand, Elsa Imbert, Nathalie Matter, Moanda Daddy Kamono

お問い合わせ

青年団

 03-3469-9107

カーン公演

会場

コメディ・ド・カーン

日時

1月13日(水)- 14日(木)

サン・カンタン・アンイヴリン公演

会場

サン・カンタン・アン・イヴリン劇場

日時

1月19日(火)- 22日(金)

ブランムニル公演

会場

ブランムニル・フォーラム

日時

1月28日(木)- 29日(金)

リヨン公演

会場

ポワン・デュ・ジュール劇場

日時

2月1日(月)- 5日(金)

パリ公演

会場

パリ市立劇場アベス館

日時

2月15日(月)- 20日(土)