こまばアゴラ演劇学校・無隣館 三期生募集のお知らせ

更新日:2016年11月15日

※試験日時について、一部変更されております。改めてご確認ください。(2016.12.01)

劇団青年団は2010年度をもって新人募集を停止いたしました。しかしながら、演出部は継続して募集を行っており、なにより、こまばアゴラ劇場が若い演劇人の巣立っていく場であることには変わりありません。そこで、2013年度より、こまばアゴラ劇場と青年団は、新たに若い演劇人の育成機関を設けることとしました。
講師陣には、青年団主宰の平田オリザをはじめ、青年団演出部、関連団体の演出家、劇作家、俳優を迎え、俳優のみならず、劇作、演出、制作、舞台技術を多角的に学ぶ場とします。
私たちは、この私塾が、若い俳優やスタッフと演出家、劇作家の出会いの場になればとも期待しています。

 

先端的な演劇人、芸術家にとって最も重要な要素は、その才能故の孤立と孤独に耐えることだと私は考えています。アウェーで闘える真に自立した演劇人を育てるために、この私塾を「無隣館」と名付けました。多くの若い演劇人の参加を期待します。

平田オリザ

■対象

俳優だけではなく、演出部、制作、ドラマターグ、舞台美術、照明、音響などの技術スタッフを含む。
※俳優以外の志望者選考=書類審査と作文提出、面接にて行います。希望する部署を「特記事項」の欄にご記入ください。書類審査後、詳細を連絡します。俳優との併願も可能です。

 

■受験資格(必ず守って下さい)

・原則として青年団の舞台を、生で観ていること。※直近で青年団の国内公演が少ないので、この条項については「原則」とし、強く受験を希望する場合は、青年団の舞台を見ていなくても受験を許可します。
・平田オリザの著作を、最低一冊読んでいること。

 

■説明会(会場:こまばアゴラ劇場5階稽古場)

2017年1月11日(水)14:00/16:00/22:00 1月14日(土)11:00/22:00
※時間は1時間弱を予定。いずれの回も同じ内容です。
※説明会への事前参加申込は不要です。ただし、時間などが変更になる場合もありますので、直前に劇団サイト等でご確認の上、ご来場ください。
※演劇学校の内容についての質疑も受け付けます。
説明会に参加しなくても受験は可能です。

 

■オーディション内容

詳しい内容については、一次合格者に書面で連絡します。日程など、都合により変更になる場合があります。
実技試験の会場はこまばアゴラ劇場5F稽古場を予定しています。

受験料:1,000円(テキスト代、通信費として)

※一次試験合格者のみ。二次試験当日にお支払いください。俳優以外の方は、必要ありません。

ーーーー

●一次(書類選考)

所定の用紙(ページ末尾でダウンロード可)に、必要事項を書き込んで下さい。
締め切りは、2017年1月17日(火)消印有効。

●二次(実技)

二次審査は、1時間ほどの実技審査(簡単な本読みと面接)を行います。
1月29日(日)〜1月31日(火) ※時間帯選択可能 ※試験日時が変更になりました。(2016.12.01)

●三次(ワークショップ)

三次審査は、2時間ほどのワークショップ形式で行います
1月30日(月)〜1月31日(火) ※時間帯選択可能

●四次(ワークショップ)

四次審査は、三次に引き続きワークショップと面接を行い、入校者を決定します。
2月1日(水)9:00-13:00 14:00-18:00 19:00-23:00 ※どちらかの時間帯を選択

※上記の日程に参加できる人を対象としますが、本番などを抱えている場合は、スケジュールの相談に応じます。
※俳優以外の志望者の面接(2次試験)は、2月12日(日)13日(月) ※時間帯選択可能 を予定しております。

ーーーー

■応募方法

所定の用紙(ページ末尾でダウンロード可)に必要事項を書き込み、
返信用封筒(長形3号・洋形長3号、92円切手添付のこと)と一緒に、下記の劇団事務所までお送り下さい。
締め切りは、2017年1月17日(火)消印有効。

■郵送先

〒153-0041 東京都目黒区駒場1-11-13 こまばアゴラ劇場 無隣館係宛

■無隣館・年間プログラム(予定)

2017年  
4~7月  週に二、三回のワークショップ、およびアートマネジメントや舞台技術に関する講座。
 集団創作プログラムによる演劇創作と発表
 ※7月末の時点で、再度の選抜があります
8月頃  夏合宿
9~12月  各演出家の集中型のワークショップ(小さな作品を作ったりする)
2018年  
2~3月  修了公演に向けての稽古
4月  一年次修了公演 『革命日記』をこまばアゴラ劇場にて上演予定

一年次修了後、希望者は二年目の専攻課程に進みます。二年次は、受講生同士の自主制作などを主に行います。

ーーーー

※授業などは基本的に平日の19~22時、および土日が対象

※学費、チケットノルマなど費用負担はなし
※期間中も客演などは自由(許可制)
※他劇団、プロダクションに所属していても可(当該団体の許可を得ていること)


※応募用紙は以下からダウンロード可能です。

■こまばアゴラ演劇学校・無隣館 オーディション募集要項

(PDF形式) ※当ページと同じ内容

■こまばアゴラ演劇学校・無隣館 オーディション申込用紙

(PDF形式)

※PDF形式のファイルをご覧になるには「Acrobat Reader」(無料)が必要です。

最新版の「Acrobat Reader」はこちらからダウンロードして下さい。

 

こまばアゴラ演劇学校“無隣館”
http://www.komaba-agora.com/theater/murinkan