青年団リンク・若手自主企画について

こまばアゴラ劇場のフランチャイズ劇団である青年団には、平田オリザ以外にも、多くの若手演出家、劇作家が所属しています。 劇場に劇団が本拠地を置き、そこに俳優が雇用され、多くの演出家が出入りをするという当たり前の「劇場」の姿を、きちんと定着させていきたいと、私たちは考えています。 青年団では、劇団員誰もが公演企画を提出することができ、その中から審査を通ったものが若手自主企画として上演されます。さらに、観客の一定の評価を得た集団が、「青年団リンク」としてユニットを作り、やがて劇団から独立して独自の活動を行います。

青年団リンク 略歴 | 若手自主企画 略歴

青年団リンク(2011年4月現在) ○青年団より独立したカンパニー(2011年4月現在)
髙山植物園 …髙山さなえ 五反田団 …前田司郎
RoMT …田野邦彦 サンプル …松井周
うさぎ庵 …工藤千夏 東京デスロック …多田淳之介
ニ騎の会 …宮森さつき・多田淳之介 ままごと …柴幸男
サラダボール …西村和宏 青☆組 …吉田小夏
口語で古典 …岩井秀人    
水素74% …田川啓介    
ガレキの太鼓 …舘そらみ    


青年団リンク 略歴(2005年〜) 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010 | 2011 | 2012

2005.1
髙山植物園第6回公演『いつだって待っていた』 アトリエ春風舎
2005.4
髙山植物園第7回公演『灰の中から蘇った男と女』 アトリエ春風舎
2006.1
RoMT『待つ』『髪をかきあげる』 アトリエ春風舎
2006.2
うさぎ庵公演Vol.3『よいことわるいこと』 盛岡劇場タウンホール/アトリエ春風舎
2006.4
青☆組×山小屋合同企画『初雪の味』 山小屋ギャラリー
2006.8
二騎の会『直線』 アトリエ春風舎
2007.1
うさぎ庵Vol.4『左手の恋−Piano Stories−』 南青山MANDALA
2007.1
サンプル『シフト』 アトリエ春風舎
2007.3
東京デスロック『東京デスロックのアトリエ公演 unlock#1』 アトリエ春風舎
2007.4
うさぎ庵Vol.5『チチキトク サクラサク』
アトリエ春風舎/AUGA(アウガ)男女共同参画プラザ5F・AV多機能ホール
2007.7
青☆組vol.6『おやすみ、枇杷の木』 アトリエ春風舎
2007.8
東京デスロック『unlock#2:ソラリス』 こまばアゴラ劇場
2007.9
《文学座+青年団自主企画交流シリーズ》 RoMT『the real thing』 こまばアゴラ劇場
2007.9
東京デスロック『unlock#3:演劇LOVE 〜愛の3本立て〜』 リトルモア地下
2007.12
《文学座+青年団自主企画交流シリーズ》 二騎の会『五月の桜』 こまばアゴラ劇場
2008.4
青☆組vol.8『うちのだりあの咲いた日に』 アトリエ春風舎
2009.1
髙山植物園第8回公演『天の空一つに見える』 アトリエ春風舎
2009.4
青年団リンク・うさぎ庵公演Vol.7『7歳の孫にジンを2杯飲ませた祖母』 アトリエ春風舎
2009.6
青年団リンク 二騎の会『一月三日、木村家の人々』 こまばアゴラ劇場
2009.8
青年団リンク 青☆組vol.10『花とアスファルト』 アトリエ春風舎
2009.10
青年団リンク ままごと『わが星』 三鷹市芸術文化センター 第54回岸田國士戯曲賞受賞
2009.12
青年団リンク 青☆組 vol.11『午后は、すっかり雪』 アトリエ春風舎
2010.1
青年団リンク 二騎の会『F』 こまばアゴラ劇場
2010.4
青年団リンク 口語で古典『武蔵小金井四谷怪談』 こまばアゴラ劇場
2010.8
青年団リンク RoMT 第3回公演『ここからは山がみえる』 アトリエ春風舎
2010.9
青年団リンク 青☆組 vol.13『忘却曲線』 アトリエ春風舎
2010.9
青年団リンク サラダボール 第1回公演『柔らかいモザイクの街』 アトリエ春風舎
2010.10
青年団リンク うさぎ庵 Vol.8『女と女と棺と女』』 乃木坂COREDO
青年団リンク 深田企画 『歓待』 第23回東京国際映画祭 ある視点部門作品賞受賞
2011.1
青年団リンク RoMT 特別公演『ここからは山がみえる』 熊本公演・小牧公演
2011.3
青年団リンク・サラダボール第2回公演『母アンナの子連れ従軍記』 長野市立城山公民館別館[旧蔵春閣ホール]・アトリエ春風舎
2011.6
青年団リンク ガレキの太鼓『いないいない』 アトリエ春風舎
青年団リンク 二騎の会『四番倉庫』 こまばアゴラ劇場
2011.9
青年団リンク 水素74%『謎の球体X』 三鷹市芸術文化センター 星のホール MITAKA"Next" Selection 12th 参加作品
2011.12
青年団リンク うさぎ庵『ウィリアムの仇討ち』 ザ・スズナリ
2012.1
《日仏若手演出家シリーズ》 青年団リンク ガレキの太鼓『吐くほどに眠る』 こまばアゴラ劇場
2012.2
《日仏若手演出家シリーズ》青年団リンク 水素74% vol.2『不機嫌な子猫ちゃん』 アトリエ春風舎
2012.10
青年団リンク 髙山植物園 第9回公演『蟻と蝶と蛇と明日と』 アトリエ春風舎
2012.10
青年団リンク 水素74% vol.3『バラバラ姉妹に憐れみを』 こまばアゴラ劇場
▲略歴topへ


青年団若手自主企画 略歴 1997 | 1998 | 1999 | 2000 | 2001 | 2002 | 2003 | 2004 | 2005 | 2006 | 2007 | 2008 | 2009 | 2010 | 2011 | 2012

1997.8
vol.1 『海と日傘』 作:松田正隆 演出:三浦基 こまばアゴラ劇場
1997.10
vol.2 『お茶と説教』 作:岩松了 演出:横田修
1998.9
vol.3 『地点〜青春群像オムニバス』 構成・演出:三浦基 こまばアゴラ劇場
1999.8
vol.4 『F.+2 F=FRAGMENT<破片>』 作:長谷川孝治(弘前劇場) 演出:三浦基 こまばアゴラ劇場
2000.2
vol.5 side-a『knob』 作:夏井孝裕(reset-N) 演出:中埜コウシ side-b『髪をかきあげる』 作:鈴江俊郎(劇団八時半) 演出:矢野靖人 こまばアゴラ劇場
2001.1
vol.6 『スリヌケル』 作:明神慈(ポかリン記憶舎) 演出:中埜コウシ こまばアゴラ劇場
2001.9
vol.7 side-A『パノラマビールの夜』 作:久野那美 演出:竹花佑輔 side-B『水の上と下』 作・演出:髙山さなえ こまばアゴラ劇場
2002.7
vol.8 『紛れて誰を言え』 作・演出:髙山さなえ こまばアゴラ劇場
2003.1
vol.9 『神さぶるまで待て』 作・演出:髙山さなえ こまばアゴラ劇場
2003.1
vol.10 『失うもののために』 演出:田野邦彦 こまばアゴラ劇場
2003.4
vol.11 『僕の言葉に訳せない』 作・演出:岩崎裕司 こまばアゴラ劇場
2003.12
vol.12 『月とスプーン』 作・演出:吉田小夏 アトリエ春風舎
2003.12
vol.13 『真赤な白』 作・演出:工藤千夏 アトリエ春風舎
2004.2
vol.14 『男優』 作・演出:多田淳之介 アトリエ春風舎
2004.3
vol.15 『Kiss me ∨(または)逃げろ』 作・演出:井上こころ アトリエ春風舎
2004.3
vol.16 『2004年、僕は普通』 作・演出:岩崎裕司 こまばアゴラ劇場
2004.5
vol.17 『通過』 作・演出:松井周 こまばアゴラ劇場
2004.7
vol.18 『セーフティ』 作:クリス・ソープ 翻訳・演出:田野邦彦 アトリエ春風舎
2005.2
vol.19 『十六夜−いざよい−』 作:宮森さつき 演出:多田淳之介 アトリエ春風舎
2005.4
vol.20 『蟹か二か弐か』 作・演出:工藤千夏 アトリエ春風舎
2005.4
vol.21 『笑うタンパク質』 作・演出:井上こころ アトリエ春風舎
2005.6
vol.22 『ワールドプレミア』 作・演出:松井周 アトリエ春風舎
2005.7
vol.23 『初雪の味』 作・演出:吉田小夏 アトリエ春風舎
2005.7
vol.24 『カンガルー』作:別役実 演出:木崎友紀子 アトリエ春風舎
2005.10
vol.25 『地球の片隅で』(ライフ・レント編) 作:宮森さつき 演出:多田淳之介 アトリエ春風舎
2005.11
vol.26 『俺の屍を越えていけ』(短編バージョン・リーディング+アフタートーク)作:畑澤聖悟(渡辺源四郎商店) 演出:工藤千夏 アトリエ春風舎
2006.3
vol.27 『別』 作・演出:多田淳之介 アトリエ春風舎
2006.6
vol.28 『立つ女』 作・演出:兵藤公美+藤田桃子(水と油) アトリエヘリコプター
2006.7
vol.29 『会議』 作:別役実 翻案・演出:武藤真弓 アトリエ春風舎
2006.9
vol.30 『World's end』 作:鈴木大介(サラダボール) 演出:西村和宏 アトリエ春風舎
2007.1
vol.31 『ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー特集』(上映/リーディングパフォーマンス/トーク) こまばアゴラ劇場
2007.5
vol.32 『Unit』 作:鈴木大介(サラダボール) 演出:西村和宏 アトリエ春風舎
2007.6
vol.33 『スネークさん』 作:ツキムラニホ 演出:木崎友紀子 アトリエ春風舎
2007.8
vol.34 あなざ事情団『ゴド侍』 作・演出:わたなべなおこ 出演:松田弘子 倉品淳子 アトリエ春風舎
2007.10
vol.35 『ライン』 構成・演出:西村和宏 作:鈴木大介(サラダボール) アトリエ春風舎
2008.4
vol.36 現代口語ミュージカル『御前会議』 作:平田オリザ 潤色・演出:柴幸男 アトリエ春風舎
2008.4
vol.37 『おいでおいでぷす』 作・演出:岩井秀人 アトリエ春風舎
2008.5
vol.38 《文学座+青年団自主企画交流シリーズ》 『新宿八犬伝 第一巻 −犬の誕生−』 作:川村毅 演出:西村和宏 アトリエ春風舎
2008.7
vol.39 『ワールズダッチ』 作・演出:大久保亜美 アトリエ春風舎
2008.10
vol.40 映画『東京人間喜劇』 脚本・監督・編集:深田晃司 アトリエ春風舎
2009.4
vol.41 『桜の園』  作:チェーホフ 訳:神西清 演出:西村和宏 アトリエ春風舎
2009.6
vol.42 『昏睡』 作:永山智行(こふく劇場) 演出:神里雄大(岡崎藝術座) アトリエ春風舎
2009.10
vol.40 映画『東京人間喜劇』  脚本・監督・編集:深田晃司 ローマ国際映画祭2009正式招待
2010.7
vol.43 『日常茶飯事』  作:佐々木透(リクウズルーム) 演出/構成:澄井葵 振付:カワムラアツノリ(初期型) アトリエ春風舎
2010.11
vol.44 『僕らのアルゴリズム』  作・演出:相馬加奈子 アトリエ春風舎
2010.12
vol.45 量子力学演劇『光子の裁判』  原作:朝永振一郎(1965年ノーベル物理学賞受賞)「光子の裁判」 構成・演出:渡辺美帆子 アトリエ春風舎
2011.1
vol.46 『終わりなき将来を思い、18歳の剛は空に向かってむせび泣いた。オンオンと。』  作・演出:舘そらみ
2011.2
vol.47 『不機嫌な子猫ちゃん』  作・演出:田川啓介
vol.48 深田・中村企画『第一回こまばアゴラ映画祭』
2011.4
vol.49 『川と出会い』  演出・振付:ブライアリー・ロング
2011.7
vol.50 現代口語寸劇『若い兄嫁(仮)』  【作】ふじきみつ彦 【演出】木崎友紀子/ふじきみつ彦
2012.1
vol.51 《日仏若手演出家シリーズ》 『点にまつわるあらゆる線』  構成・演出:渡辺美帆子
2012.3
vol.52 《日仏若手演出家シリーズ》 『果てまでの旅』  作・演出:玉田企画
2012.3
vol.53 《日仏若手演出家シリーズ》 『いないかもしれない 静ver.』  作・演出:大池容子
2012.6
vol.54 『いないかもしれない 動ver.』  作・演出:大池容子
2012.10
vol.55 『夢の星』  作・演出:玉田真也
▲略歴topへ