青年団の豊岡移転について

2017年9月02日

 またしても長くブログを休んでしまいました。夏休みも明け、これから再開します。
 今年2月に横浜で上演した『台北ノート』の台湾公演のために、再び台北に来ています。こちらも台風が近くを通過中で荒れ模様の天気です。

 さて、すでにご存じの方も多いかと思いますが、8月28日付の神戸新聞に以下のような記事が載りました。 

https://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201708/0010501065.shtml

 当該記事は、豊岡市内で受けた取材をもとにしており、概ね事実をお伝えしております。
 劇団内ではこれまでも、長く移転についての議論を続けてきており、いよいよそれが本格実施の段階に来ました。また、この件は、特に秘密にしていたわけではなく、関係者には折に触れ公言をしてきました。
前日の豊岡市内でのシンポジウムでも、通常の話題として青年団の移転が取り上げられました。具体的に情報提供するにあたっては、東京発の媒体ではなく、まず地元の地方紙からと考え、シンポジウム後の取材に応じました。

 それでも、様々にご心配いただいている点もあるかと存じますので、この欄を借りて、この機会に、少しまとめて進捗状況をお知らせしたいと思います。
 詳細は、明日以降に連載の形で記しますが、とりあえず概要は以下の通りです。

・劇団青年団は、2019年から2020年をめどに、劇団のいわゆる本社機能を豊岡市内に移すことを計画している。これは決定事項ではなく、あくまで計画段階であり、現在、稽古場などの適地を探している。

・劇団移転に先立って、現在の五反田にある倉庫機能の大半をすでに豊岡市日高地区の新設倉庫に移転した。

・移転の規模は決まっておらず、部分移転か全面移転か、またどのようなスケジュールで移転するかは今後検討する。大きなポイントは、一般の企業の移転と同様で、豊岡と東京のどちらに本社を置き、経営の比率を何対何にするかといった極めてテクニカルな事柄になる。
 いずれにしても、ほとんどの稽古は豊岡で行い豊岡から発信する。

・本社機能の移転が決定すれば、平田オリザは豊岡市に移住する。

・劇団員は豊岡在住と東京在住を選択し、東京在住者は、当該作品の稽古期間中のみ、新たにつくる宿泊施設で短期滞在して稽古を行う。
演出部も同様に移転を希望する者は豊岡に移住する。
 なお、豊岡市内には、演劇人が常勤・非常勤で働ける多くの雇用が存在する。

・本格的な移転が実施できれば、その後、2022年を目処に、豊岡市で国際演劇祭の開催を目指す。

・青年団は移転後も、こまばアゴラ劇場、吉祥寺シアターなどで、年に数回の東京公演を行う。

・こまばアゴラ劇場は、青年団の本格移転完了後数年を経て、平田が芸術総監督の座を退く。その後は、運営評議会を構成し、その組織が公募によって芸術監督を任命するといった持続可能な制度改革を行う。
 アトリエ春風舎も同様に、継続して運営を行う。
 支援会員制度も、当面、継続する。

『さよならだけが人生か』チケットまだあります

2017年6月24日

 『さよならだけが人生か』、無事、初日、二日目が終わりました。

 劇場に入ってから座席の増設、キャンセルなどがあり、現在、多くの回でチケット発売を再開しております。是非、ご利用ください。
 当日券もたくさん出ます!

http://www.seinendan.org/play/2017/01/6081

 6月29日から四国学院大学のアートマネジメント講座が開講されます。お近くの方、是非、ご参加ください。初日は、私の講座になります。

http://www.notos-studio.com/contents/event/event/2479.html

7月は京都に伺い、京大で、京都賞関連のシンポジウムに出席します。岡山県奈義町の子ども歌舞伎の上演もあります。

http://kuip.hq.kyoto-u.ac.jp/ja/index.html

こちら、募集中です。早稲田の演劇博物館主催で小中学生向けの演劇教室です。

http://www.waseda.jp/enpaku/ex/5243/

昨年同様、福岡で演劇創作のワークショップを行います。
今年は、筑紫野市の文化会館での開催になります。

http://chikushinoshi-bunka.fukuoka.jp/event_list/オリザさんと演劇をつくる2017/

豊岡では、中高生向けの講座を7月17日(祝)に開催します。皆さん、ご参加ください。

http://arts-tabi.jp/03.html

日記はざっくり再開します。

1月18日(水) 羽田から高松へ。出迎えの車で坂出市役所へ。市長と懇談後、公演会場の下見。四国学院に出勤して学長と会議。そのあと『愛のおわり』の稽古。はじめて四国学院大生(コーラス隊で出演)に稽古をつける。

1月19日(木) 昼間、パスカル・ランベールと学長他教授陣で会食。夕方コーラス隊の稽古。夜、本番。アフタートークで、生まれて初めてなまの演劇を見たという中年女性が、とても熱く感想を語ってくださって、こちらの方が感動。

1月20日(金) 午前中、善通寺西中学校で講演会。皆さん、熱心に聞いてくれました。午後、大学の授業。夜は本番。宿舎で鍋をいただく。

1月21日(土) 午前中のんびり。午後、本番。終演後すぐに、アートマネジメント講座の講演会。帰京。

1月22日(日) 朝の飛行機で台北へ。終日稽古。

1月23日(月) 午前中、舗仁大学で日本語教育のワークショップ。午後から稽古。この日、最初の通し稽古。相当いい仕上がり。

1月24、25日 ずっと稽古して、25日の夜に帰国。

ハナニアラシノタトヘモアルゾ

2017年6月21日

『さよならだけが人生か』今日はゲネプロ、明日初日になります。

今日は昼間、すごい嵐でしたね。今回の『さよならだけが人生か』は、次の
井伏鱒二さんによる漢詩の訳詩から題名をいただいています。

勧 君 金 屈 卮
満 酌 不 須 辞
花 発 多 風 雨
人 生 足 別 離

コノサカヅキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトヘモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ

25年前の初演時(1992年)、私は、チラシに以下のようなオマージュを書きました。

コノサカヅキヲツグコトハナイ
ニドトナミナミツグコトハナイ
ハナニアラシノタトヘモアルガ
「サヨナラ」ダケガ人生カ

というわけで、この舞台にふさわしい初日前日となりました。

現在、売り止めになっている日でも、キャンセルなどが出て、劇団サイトで売り出しを再開する場合があります。特にこまばアゴラ劇場支援会員の客様は、まだ多くの回でご覧いただけます。是非、この機会に、入会をご検討ください。なお、上演は吉祥寺シアターです。ご注意ください。
 追加公演は、まだ席がございます。是非、ご利用ください。
 当日券もたくさん出ます!

http://www.seinendan.org/play/2017/01/6081

 6月29日から四国学院大学のアートマネジメント講座が開講されます。お近くの方、是非、ご参加ください。初日は、私の講座になります。

http://www.notos-studio.com/contents/event/event/2479.html

7月は京都に伺い、京大で、京都賞関連のシンポジウムに出席します。岡山県奈義町の子ども歌舞伎の上演もあります。

http://kuip.hq.kyoto-u.ac.jp/ja/index.html

こちら、募集中です。早稲田の演劇博物館主催で小中学生向けの演劇教室です。

http://www.waseda.jp/enpaku/ex/5243/

昨年同様、福岡で演劇創作のワークショップを行います。
今年は、筑紫野市の文化会館での開催になります。

http://chikushinoshi-bunka.fukuoka.jp/event_list/オリザさんと演劇をつくる2017/

豊岡では、中高生向けの講座を7月17日(祝)に開催します。皆さん、ご参加ください。

http://arts-tabi.jp/03.html

『さよならだけが人生か』

2017年6月13日

 たいへん長らくブログを休んでしまいました。
 いまは『さよならだけが人生か』の稽古に邁進しています。

おかげさまで売り止めの日が続出し、三回の追加公演を行うこととなりました。追加公演は、まだまだ席がございます。是非、ご利用ください。

http://www.seinendan.org/play/2017/01/6081

 16年ぶりの再々演ですが、非常にフレッシュないい舞台に仕上がってきています。

 飲み会の写真にしか見えませんが、稽古中です。

7月は京都に伺い、京大でのシンポジウムに出席します。岡山県奈義町の子ども歌舞伎の上演もあります。

http://kuip.hq.kyoto-u.ac.jp/ja/index.html

こちら、募集中です。早稲田の演劇博物館主催で小中学生向けの演劇教室です。

http://www.waseda.jp/enpaku/ex/5243/

城崎国際アートセンターの2018年度参加アーティスト募集は、15日までです!
ふるって、ご応募ください。

http://kiac.jp/jp/post/3885

日記は当面お休みです。

『南島俘虜記』追加公演+まだまだももクロ

2017年4月17日

『南島俘虜記』、まだ予約を受け付けています。追加公演の回をお勧めします。

http://www.seinendan.org/play/2017/02/6041

こちらはまとめサイトです。

https://togetter.com/li/1098173

 アゴラ劇場支援会員の皆さんは、何ステージでも観ることが出来ますので、ぜひ、3チームともご覧ください。

http://www.komaba-agora.com/members

そして、青年団本公演『さよならだけが人生か』のチケット発売は4月18日(火)です!
 すでに稽古を始めております。

http://www.seinendan.org/play/2017/01/6081

奈義町の方が撮ってくださった写真が送られてきたので掲載します(事務所の許可を得て掲載しています)。

一枚目は、町長から卒業祝いを受け取る有安さんと、「え、私の分はないの?」と後ろで睨む高城さん。卒業祝いの中身は、カメラのメンテナンス用品だと聞いています。

無事、プレゼントを受け取りご満悦の高城さん(中身は不明)

なんだ、私だけじゃないのかと不満げな有安さん(二人が持っているのは、奈義町が行っている署名用紙です)

久しぶりの再会で「今度、芝居の話をしよう」と盛り上がる二人と、とっとと先を行く他のメンバー

以下も、募集しております。よろしくお願いします。

ベルギー版『思い出せない夢のいくつか』、チケット発売を開始しています。

http://www.seinendan.org/play/2017/03/6077

4月28日(金) 京都産業大学で講演会

https://www.kyoto-su.ac.jp/events/20170428_my-challenge.html

4月30日(日) 池袋コミュニティカレッジでのワークショップ

http://cul.7cn.co.jp/programs/program_707070.html

5月13日(土) 相模女子大学で講演会

http://www.sagami-wu.ac.jp/news/2017/04/04/007860.html

日記の続き

1月9日(月) 昼間、青年団制作の野村と台北駅で待ち合わせて食事。そのあと一緒に稽古場へ。夜まで稽古。ちなみに、夜まで稽古の時は、近くの肉麺屋かワンタン屋で軽い夕食をとる。

1月10日(火) 朝9時から12時まで、日本台湾交流協会で日本語教員対象のワークショップ。大変盛り上がる。午後から夜まで稽古。

1月11日(水) この日も9時半から11時半まで日本語教員対象のレクチャー。終了後、先生方と、美味しい台湾料理をいただく。午後から夜まで稽古。

1月12日(木) 俳優の関係で、この日は夜のみの稽古。買い物をしたり、滞っていた仕事をこなす。

1月13日(金) 少し離れた北投(先日温泉に行ったところ)の稽古場で、午前中から14時まで稽古。私はそのまま、松山空港へ。夕方の便で一時帰国。

1月14日(土) 朝の飛行機で岡山へ。打ち合わせ一件。午後、福武教育財団の記念シンポジウム。終了後、美味しい中華料理での懇親会の途中で退席して帰京。

1月15日(日) 午前中、青山学院でワークショップデザイナー養成講座。午後、藻谷浩介さんと対談。夕方からミーティング二件。

1月16日(月) 午前中の飛行機で台北に戻る。ホテルにチェックインしたあと、すぐに稽古場へ。夜まで稽古。

1月17日(火) 早朝、東京藝大の教授会にスカイプ参加。そのあと稽古。そして、慌ただしく、夕方の便でまた一時帰国。ほとんど台湾に通勤している。