栃木県司法書士会×演劇ワークショップ 創作発表公演 3/13

更新日:2016年3月02日

司法書士会 市民公開シンポジウム

第1部:ADR (裁判外紛争解決手続)をテーマとした創作発表公演
 『朝が夜より賢いときに』
監修:平田オリザ 
構成・演出:田野邦彦(青年団演出部/RoMT主宰)

出演: 松澤 崇、真島直樹(以上、栃木県司法書士会) 折原アキラ(青年団)
秋元 剛、菊地晴美(劇団Nextstage 7-66)、小池志織、斎藤定子(劇団三十六計)、 関 正和、まりえ(遊幻空間)

長年の努力が実り資格試験に合格した若い司法書士・幸生(ゆきお)に調停人となる機会が訪れた。
簡単な近隣トラブル事案のように思えたが、それぞれの家庭の事情や生活スタイル、価値観の違いにより両者の間に生じていた溝はとても深かった。 思い悩む幸生にアドバイスを送る先輩たち。
調停の当日。 互いの主張に耳を傾けながら、幸生はその事案に、そして司法書士としての自分自身に「欠けているもの」が何なのか、気づき始める…。

第2部:平田オリザ講演『わかりあえないことから 〜コミュニケーション能力とは何か〜』

【日時】2016年3月13日(日)12:30開演(11:30開場)

【会場】パルティホール パルティとちぎ男女共同参画センター
    http://www.parti.jp/center/07.html 宇都宮市野沢町4-1 TEL.028-665-7700
    *JR宇都宮駅西口8番乗り場から関東バスで約25分(日光東照宮、今市車庫、船生、山王団地、石那田方面)
     とちぎ男女共同参画センター停留所下車徒歩2分

【入場料】無料 *要申込=3/7(月)締切

【お申込み】メール: sympo@shimotsuke.jp FAX: 028-625-1089
     (氏名・郵便番号・住所・電話番号をご明記ください。)

【お問合せ・詳細】
市民公開シンポジウム事務局(下野新聞アドセンター)TEL.028-625-7966(平日10:00-17:00)
*日本司法書士会連合会サイトもご参照ください。
http://www.shiho-shoshi.or.jp/activity/event/40813/

主催:日本司法書士会連合会 主管:栃木県司法書士会 協力:アゴラ企画・青年団
コーディネーター:片岡友美子 制作:太田裕子(青年団)

☆司法書士の仕事とは… 
司法書士は「まちの法律家」ともよばれ、地域の調停センターでマンションの居住者同士の騒音問題や、友人との金銭の貸し借りなど、日頃の生活にも身近な案件をあつかっています。
そこでは、法律の判断を下さない長屋の親父さんのような役割で裁判のような勝ち負けではなく、双方が深く納得して問題を解決できるよう、話し合いのファシリテーションを行ないます。